西麻布バー テーゼ|最強のおしゃれ空間をあなたに!

  • LINEで送る


西麻布にはいろいろなバーがありますが、もしあなたが西麻布でとっておきのバーを教えてほしいと思っているのであれば、ぜひ西麻布テーゼをお勧めしたいです。

バーに求めるものとはなんでしょうか?

デートで使える(口説ける)

おいしいお酒が飲める

雰囲気がいい

バーマンが気が利いていて魅力的

ロケーションがいい

だいたいこんなところだと思います。

しかし、それに加えて西麻布ということであればそのハードルは一層上がります。

西麻布は大人の街ですから子供っぽいチャラさが少しでもあれば見抜かれてしまいますし、かといってまじめすぎても柔軟さに欠けるともいえます。

DSC_0150

それらの魅力を十分におさえ、かつ余りあるアドバンテージを持つのが西麻布のテーゼです。

テーゼはもともと現在の位置よりもすこし大通りよりのビルの2階にあって、外から見えやすい場所にありました。

もう10年以上前のことです。西麻布に引っ越ししたばかりで全く知識がなかったのですが、それでもずば抜けたセンスがあるお店でしたのですぐにファンになり、今の場所に移転したあとも相当通ったと思います。

CSC_0158

店内はこれでもかと言わん明かりの薄暗さですが、ひとつひとつのオブジェがセンス良く、かつ西麻布にありがちな「金をかければいいデザインができるだろう」というバブル主義を感じさせない内装です。

 

僕もそうだったのですが、どうしても西麻布に出店しようとなると勝手に自分の中で西麻布像をおおきくしてしまい、余計なところに力が入ってしまうものです。

DSC_0151

 

大変失礼な意見ですが、センスはお金があれば身につくものではないのは実は誰でもわかっているもので、たとえばお金持ちが高そうな服を着ていても「高そうだけど、なんかセンスないなあ」と思うことはあなたもあるかもしれません。

バー テーゼはこのあたりのバランスが絶妙で、他ではまねのできないセンスがありながらカネのにおいを感じさせない育ちの良さを感じます。

 

店員さんは気取らずにおいしいお酒を飲ませようと努力しているのがわかります。

この界隈の飲食店の接客は高飛車なことも多く、逆に常連になるとなれなれしくされてしまうことも多いのですが、こちらはそんなことはありません。

はじめての人でもおいしくお酒が楽しめますし、かといって適度な距離感を保ってくれるので一人飲みでも大丈夫です。

DSC_0153

男がバーに一人で行こうとするときは、よほどのバーマニアでなければ考えごとをしたかったり落ち込んだときかもしれません。今回ぼくが伺った理由は、実はずっとまたされたクライアントの許可がやっとおりて、それで考え事をしたくてお邪魔しました。クライアントは粘り強く待ち続けてくれるのですが、元請けからつき上げもあるだろうし、かといって書類上は問題のないものだったので”ただ待つしかない状態”だったので相当なストレスだったのだと思います。

ストレスはもちろん僕も同じで、さらにプレッシャーも今まで以上に重いものを感じていました。相手は役所なので通り一辺倒な反応にも困り果てていたのです。

詳しいことは書けませんが、とにかく反省と改善点、それから「こういうものだ」という経験値をまとめていました。

行政書士は基本的に弱者の見方であるべきで、本当にそれができていたか、長い時間考えながら苦い酒を飲みました。

 

採点はこちら


当ブログ運営 前場亮のご紹介


1973年7月11日生まれ
港区赤坂で行政書士事務所を共同で運営しています。


2014年まで西麻布で飲食店を経営。
ワインも得意で第3回キュヴェ ルイーズ ポメリーソムリエコンテストで全国優勝しました。

行政書士の専門分野は風営法・航空法・道路法です。
これらのすべての分野で影響力のあるサイトを運営しています。詳しくは

風営法の専門サイト

道路法(特殊車両通行許可)の専門サイト

航空法(ドローン飛行)の専門サイト

をご覧ください。

モノを所有すること、保身、名誉が嫌いです。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9-1-7
赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075 fax 03-6418-1076


お問合せ・ご相談はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

  • LINEで送る

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>