Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/maebaoffice/maebaryo.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

2015年 1月 の投稿一覧

広尾セガフレードのテラス|上田クン行政書士試験合格!

いや~、今日は本当に忙しかった・・・

 

最近、夜に広尾のセガフレッドのテラスでビールを飲むのにはまっていまして、冬なので誰もいないところで優雅に生ビールを飲むのがめちゃめちゃうまく感じています。

14223602621280

相変わらず行政書士事務所は好調で今日も小さな案件からあぶらっこいものまでさまざまありました。

 

それから!コンソールのメンバーだった上田クンが行政書士試験に合格しました!

まあ、本当に厳しいのはこれからだけど、少なくとも勝負をする土俵に上がったことは事実です。期待しています☆彡実務も集客中心にバンバン教えるので活躍してください!

 

・・・。

 

僕は2年かけて合格・・・上田君は・・・よしときましょう!少なくとも僕よりも短い期間です。才能を感じます!さすがだね!

 

__________________________

 

最近はクライアントワークも忙しいのですが、そのさなかに港区のスポーツセンターにちょくちょくいっています。筋トレですね。腹を縦に割る目標は絶対にあきらめません。

14223602735631

ここは本当におすすめで、港区民で500円、そのほかの地域の方でも800円でジムも使いたい放題、プールも入りたい放題、ジャグジーもなんかもろもろいろいろあって全部見ていないけどとにかく本当に設備が充実しています。

しかも、場所が芝浦とあまり便が良くないのでそんなに混んでいないので施設は使いたい放題です。

トレーナーさんも程よくいて、マシーンの使い方とかを親切に教えてくれますし、集中したい時はほっといてくれるのでありがたいです。

 

この施設に関してはこれからもこちらで紹介しますね。

イスラム国の正体

peace war

 

きょうは時間ができたので、前から気になっていたイスラム国についての本を読みました。

全体像からしてわからなかったので一番簡単そうな本を選びました。それでも聞いたこともない固有名詞もじゃんじゃん出てくるので正直全部は理解できませんでした。

イスラム国はここ数年でいきなり勢力を拡大した組織です。国際的には”国”だなんて認められていませんからわざわざイスラム”国”とつけているのです。

 

 

イスラム国の正体

黒井文太郎著 イスラム国の正体

 

 

もちろん一つの本だけの知識ですからこれだけで判断するのは早すぎますが、僕はなんであそこまで残虐になりきれるのか?が不思議だったのです。

著者によると、そこには排他性が多分に影響しているということです。排他性というのはいってみれば一つの真実しかなくてそれ以外は偽物だということでしょう。彼らの信じる宗教こそが唯一の神であって、それ以外は一切認めないということなのです。

認めない、というのはそのほかの宗教をみとめないということにとどまらなくて、人間として認めないということです。だからどれだけ残虐な殺戮を繰り返しても何とも思わないし、罪の意識もそもそもないのです。

現代社会なんですから様々な考えがあって当然なのに、自分こそが唯一正しくてそれ以外はすべて間違いなんだという論調は何も宗教だけではありません。現代でいえばヘイトスピーチとか一部の政治活動も私には同じように感じますし、戦争時の日本も似たようなことをしていたと思います(そういう意味では日本は北朝鮮を手放しで笑える立場ではないと考えています)。

 

なんだかすごい時代になってきました。日本は東京オリンピックを控えているので決して他人事ではないにもかかわらず世論一般は”対岸の火事”のような気がしてなりません。

本はまだ半分ほど残っていますが、日本は”平和がある”ということが当たり前すぎて、平和を維持する努力や感謝をしないで権利ばかり主張する論調がいかに甘ったれたことなのかを感じる本でした。

趣味 SEO

本当に自分がオタクだと思うのが、しばらくまえからSEO(ネットの検索エンジンで狙ったキーワードで上位表示をさせる)にはまってしまい、勉強した結果相当いいセンいっていると思います。

 

もともと趣味=仕事みたいなものだったのですが、例えばフレンチレストランで働いていた時はソースとか調理法とかをめちゃめちゃ覚えたりとかソムリエの時とかは絶対に日本には輸入されないような国の地域をまる覚えしたりとか、とにかくオタク丸出しです。

 

そして今はSEOにはまっていて、狙ったキーワードはほぼ100発100中で上位表示ができるようにまでイってしまいました。

六本木カフェ

 

 

このサイトでも少しずつお知らせしようと思うのですが、まず、目に見えて成果をあげようと思った場合は自分以外に3人必要です。最近のSEOはコンテンツSEOといってまずは記事数がだいじなので、ひとりで取り組もうと思うと無理があるのです。

 

また、被リンクとかSEO業者はまったくあてになりません。研究をするとSEO業者のホームページがいかに適当な事を言っているのかがわかります。SEOは努力をしないといけないのに努力を飛ばして結果を得ようとする姿勢がそもそも的外れなのです。

 

正直な話、裏ワザを使って上位表示をすることはできるのですが、それだとペナルティといっていきなり検索圏外に飛ばされたりすることもあるのでそれはお勧めできません。

 

行政書士とかの士業とか、コーポレートサイトを運営している人からするとびっくりされると思いますが、立ち上げて2か月程度で月に10万~50万PVはやり方によっては十分に狙えます。

ちなみに士業のコーポレートサイトですとどれだけ有名でもPVは1万~3万程度がいいとこでしょう。ほとんどは一日に100PVもいかないのが現状だと思います。

 

ところがSEOの知識がないためにただホームページを作って終わりで何の施策もほどこしていない企業が多いので、そういう企業は機会損失がすさまじいと思います。

 

ただ、SEOはしっかり向き合わないとだめなので、少なくとも企業であれば兼業でもいいので専任スタッフを設けることが必要でしょう。

 

 

・・・。

 

・・・。

 

 

肉体改造とSEOが今年の課題ですね・・・。

横に割れた腹を縦に割る目標

ここだけの話ですが、実は2年ほど前から少しずつ腹が出てきていまして、思うところがあっていままで3日坊主だったトレーニングを始めようと考えています。

横に割れた腹を縦に割る

とりあえず自宅でできるトレーニング本買いました。この本の人が僕に似ていると思って手に取ったのがきっかけです。

 

ジムに行くことも考えています。

 

実は30代のころにも一度思い立ったことがあるのですが、六本木にあるジムに見学に行ったことがあったのですが、受付で「どのようなコースを希望ですか」ときかれて「横に割れた腹を縦に割るようなコース」と答えた時にものすごい迷惑がられた経験から足が遠ざかっていました。

 

最近は自宅か行政庁を回る毎日。趣味はネットっすなかんじでチョー内向きだったので、ここらでいっちょかましてやろうと考えています。

 

うおー003

フランスのテロ事件で思い返した件

wpid-Featured_Picture179-620x413

 

フランスは観光立国なので、イメージがとても大事です。「こわいイメージ」はぜったいにさけたいところでしょう。

ですが観光客の立場からすると先日おこったパリのテロ事件なんかがおこると怖くて観光をしようという気にならないのも仕方がないと思います。

 

2000年ころ、僕はパリに住んでいたのですが、労働ビザがない状態でのもぐりの長期滞在者だったのでいくつかやっていたアルバイトのほとんどは税金を払っていないような事業所でした。もぐりを雇う事業所はやはりもぐりなのです。

とうぜんそういう職場なので移民の人たちが多く、その人たちは北アフリカからの移民の2世がほとんどだったのを覚えています。

 

彼らはパリの中心部には住むことができません。住もうと思っても大家さんがOKしないのです。中にはパリにも住めずに片道2時間を電車で通勤しているひともいました。

 

パリと聞いて心躍る人は多いと思いますが、心躍るということはそれを支えている人がいるということです。汚い話ですがパリは犬のうんちが多い国で有名です。日本と違って犬のウンチを飼い主が掃除するモラルがないので夕方のパリはうんちだらけです。

ですが朝になるとほとんどのとおりはきれいになっています。なぜでしょうか?まだ薄暗い朝の時間に移民の人たちが低賃金で誰もやりたがらない仕事をやっているのです。

パリの星つきレストランは、調理場はほとんどがセクション別になっていて、ディッシュウォッシャー(洗い場)はほとんどが移民が担います。

 

私はパリに住んでパリがずいぶんうさんくさい街だとの思いを強くしました。誰もがやりたがらない仕事を移民に押し付けて「平等の国」と平気な顔をしているのが二枚舌に感じたのです。

移民の彼らからすれば、努力が正当に認められない現実に泣き寝入りをする毎日で、その彼らがきれいに掃除したシャンゼリゼ通りを、裕福な貴婦人がおしゃれをして犬のウンチを掃除せずに颯爽と歩く姿をどのように見ているのでしょうか。

 

もちろんテロ行為を肯定する理由はどこにもありません。殺人行為はいかなる場合も許されません。ですが社会システムとして不満や恨みが蓄積しやすい構造だということは、実際に移民の生活をして不自由を感じないとわからないことだとも思います。

もう15年も前のことですが、当時の友人はほとんどが北アフリカからの移民でした。関係者・被害者がいなければいいと、心から願います。

 

西麻布交差点のコンビニに外国人店員しかいない件

wpid-Featured_Picture97-620x413

 

西麻布の交差点にはローソン、ファミリーマートなどのコンビニエンスストアがたくさんあります。僕が気になったのは特に六本木や西麻布のアルバイトの方たちは日本人はほとんどいないという事実です。

 

もちろん、日本人の働き手がいないというのはコンビニエンスストアだけではなくて、飲食店でも国民の年齢構成からも若い方が少ないので、働き手がいないためアルバイトの時給がどんどん上がっているというニュースは覚えている方も多いと思います。

 

ですがその理由以上に、西麻布の交差点でのコンビニエンスストア(特にローソン)のお客は酷くて特に週末の深夜などは見るに堪えません。それが日本人の働き手を遠ざけているのではないでしょうか。

クラブやバーで酒を飲み、コンビニ内で大声を出したり店員に絡んだりして、本当に可哀想です。通常の人間であればこんなバカな仕事はしたくないと思うのが人情でしょう。

 

日本人であれば、西麻布で遊ぶ若者が社会的立場も高く、金銭的に恵まれているということくらいはわかると思いますが、彼らのモラルの低さは本当にひどく、これではまともな神経の日本人は働かないと思います。

批判を恐れずに言えば、学歴も収入も彼らのほうが高いのに、社会的立場の低いアルバイトが店員という絶対的に弱い立場の前にひどい使い方を泣き寝入りしているのです。特に外国人という弱い立場の彼女ら彼らは、口にもできない理不尽を飲み込むしかないのです。僕にはその結果外国人しか働き手がいない、ということになってしまうと想像できます。

 

そんなことは言い過ぎだ。クラブで遊ぶ彼らだって働いているんだから、たまには息抜きをしたっていいだろう、という声もあると思いますが、私のスタンスは羽目を外してコンビ二の外国人店員に遊んで絡むエリートサラリーマンよりも、日本で生き抜くために黙々と働く外国人アルバイトのほうがよほど立派だと思っています。