Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/maebaoffice/maebaryo.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

2014年 12月 の投稿一覧

2014年は、どんな年?

wpid-Featured_Picture126-620x458

 

ご挨拶を更新しました。

 

2014年もあと一日です。皆さんはどのような2014年でしたか?

 

僕は、プラスとマイナスで言えば圧倒的にマイナスが大きかった一年でした。飲食業界を離れた、ということには後悔していませんし、むしろ新しい毎日にワクワクしています。

ですが同時に、自分一人でワクワクするのは無責任だとも思っています。責任のある立場だったので、今までとは全く違う道を選ぶというのは、どうしても迷惑をかける人が多くなってしまうのです。本当にご心配をおかけしました。申し訳なく思っています。

 

また、自身が40代、50代と、さらにわくわくする人生を歩むために、今年は血を流した一年だったということも正直に告白したいと思います。

ある程度、「きっとこうなるだろう」というトラブルもありました。ただ、心配してほしくないのですが、最終的には全て解決できたのでそれもまたよしとしましょう。

 

 

11月1日以降、今までとは全く違う毎日を送っています。戸惑っていますし、これがいいのかの判断もまだついていません。暗中模索の毎日です。

 

来年の今頃は、もうすこしいい報告ができることを願っています。

 

みなさま、いいお年を!

 

2014年12月30日 前場亮

 

今後について

HNCK2697-1300x866

 

ほぼ無職になって2か月がたちましたが、いろいろな事務手続きも終わり、僕自身の体調も戻ってきました。

 

次やるビジネスもある程度定まってきました。実はすでに結果が出始めているのですが、ここで皆さんにお伝えするにはまだ納得いっていないのでもう少し待ってください。

 

ビジネスの一つは行政書士です。行政書士は、ものすごい高収益です。

もともと飲食店をやっていた時から紹介とかサイトの情報で僕のことを知った人からの依頼は受けていました。風営法、道路法を中心に活動していきたいと考えています。

すでに風営法は業界では知られた存在かもしれません。いわゆる乾杯系のお店やバーやラウンジなどの飲食店関係の許認可や法的な助言を行っています。

相続とか離婚とかの一般民事は、民法は得意なので依頼があればうけますが、民事は最終的な解決は弁護士の領域なので弁護士が入り口もやるべきだと思っています。

医者とかもそうだと思いますが、依頼人は最初から最後まで一人の先生に完結してもらいたいと願うものだと思っているからです。

 

ビジネスのもう一つはインターネット関連です。これに関してはある程度結果が出始めています。全くの自由になった今、自分を拘束するものは何もありません。やりたいことをやる、となった時にまっさきに頭に浮かんだのはインターネットビジネスでした。

 

以前からSEO(検索エンジンで上位表示させる技術)が得意で、この知識を眠らせておくのはもったいないと思っていました。これを形にしようと思っています。

 

 

ただ、ワークライフバランスとして、正直40歳までは仕事しかありませんでした。飲食店経営者なんてそんなものですが、それはもう嫌です。

物事に対して感激できる感性は日々減っていくものです。人生の時間は、失ってしまえば二度と戻ってきません。自分の中で重要に思っていたことを先延ばしには、もうしません。自分の時間は、他人に支配させません。

 

失敗するかもしれませんが、自分がなりたい自分になる挑戦は、40歳の手習いとしてスタートしたいと思います。

選挙行ってきた

選挙に行ってきました。

DSC_0056

期限前投票に行こうと思ったのですが、手違いがあって、当日の投票でした。

 

(僕がどこに投票したかは別ですが)すでにマスコミでも報じられている通り、自民党の圧勝だと思います。というよりも野党が弱すぎですね。なんでこうなってしまったんでしょう。

 

嬉しかったのがまだ20代だと思う男性がいろいろ管理員の人に聞きながら投票していたことでした。おそらく初めての選挙なんでしょう。

こんなことをいう僕も、最初に選挙に行ったのは30代からです。

20代のころは選挙には全く興味がなくて、というか仕事で精いっぱいでそれどころではなかったのです。今考えると本当にもったいないことをしました。

 

20代のころはそんな感じだったので、いま20代の方にえらそうに選挙いけなんて口が裂けても言えませんね。

だから、あくまでもお勧めです。選挙は決して縁の遠い存在ではありません。耳が痛いかもしれませんが、自分の未来を自分で決める第一歩です。

 

選挙週間

なんでこの時期にするんだ、という話は散々出てきたと思うのですが、さすがに今週は、社会は選挙一色ですね。テレビをつけても選挙番組だらけです。

 

実は今日期限前投票に行こうと思ったのですが、選挙会場を間違えてしまっていけませんでした。たぶん日曜日に行くことになると思います。

 

今回の選挙はほぼ下馬評が出ています。自民党の圧勝、ということですが、本当にそうでしょうか?当の自民党も「消去法で選ばれたんでしょ」との思いは大なり小なりあるのだと思います。

 

さすがに民主党政権の時に散々な思いをした人が多いのでしょう。私も民主党政権下のエリート・ボンボン政治家の統治はいい思い出がありません。

勉強はできるし家柄もいい。さらに黙っていても何億円も収入が入る人間が国民全部の面倒をを見ようとするところにうんざりしたのでしょう。

この前クライアントワークで月初の渋谷区役所に行ったのですが、びっくりしたのですが生活保護の受給待ちでまっている人たちが10人くらいいたでしょうか?さらに驚いたのですが、彼らは立っている気力がないのか、みんな座っているか、寝そべっているかのどちらかなのです。エリートボンボンはこういった人の気持ちはわかるのでしょうか?

もちろん、彼らはエリートですから、理性では理解できていると思いますが、だからこそエリートボンボンのイメージを払しょくできないエリート主義が鼻についたのです。

 

では、民主党政権が最悪な政治だったのかというと、それはわかりません。なぜなら、ひょっとしたら今の自民党政権のほうがよほど最悪なのかもしれないからです。自民党政権は、少なくと政権奪取以降はポピュリズム政権なので、国民の目の前にニンジンをぶら下げて、目の前の経済を第一に運営した結果、支持を集めているのです。

国のバランスシートを正常に保つのであれば、もっと国民を締め付けなければならないにもかかわらず目の前の人参で政権を取ったのが自民党だとしたら、なんと罪作りな存在なんだろう、という見方もできますね。

 

 

 

 

広尾セガフレード

最近広尾のセガフレードをよく利用しています。

まずはコーヒーがおいしいし、さらにビールも飲めます。有栖川公園のとなりなので環境もいい。

DSC_0039

写真で見るとあれなんですが、内装もおしゃれです。というか、便利なんでおしゃれさはもとめていない・・。先日↑打クンとビールを本気飲みしてしまった。飲みの場としてもいいかも。

 

いろいろご心配をおかけしている人もいると思います。メッセージをくださってもほとんど返信できていません。すみません・・・。

 

事務手続きもほぼ終わりました。業者さんは最後の月の支払いを私が全額払うとびっくりする人もいました。バックれる人も多いそうですね・・・

 

サーバーのパンク

管理しているサイトを確認していたらサーバーがパンクしていることに気づきました。 DSC_0050 リアルタイムで783人が閲覧していました。ピークでは1200人!本当にびっくりしたー。。。おそらく今日一日だけで2万PVはあると思います。

そのサイトはローンチしてまだ1か月です。 SEOは昔から得意で上位表示はチョー楽勝とか思ってましたが、まさかこんなにはやく効果が出るとは思いませんでした。

 

新規ビジネス(のひとつ)も、少しずつ形になってきています。   なんかすこしほっとしたぞ(-。-;)

岐路を楽しむ

ひょっとしたら、あなたも岐路に立っているのかもしれない、人間関係か?就職か?恋愛か?仕事か?家族か?

「そんなことはない」とおもっていても、実は内心不安なんではないだろうか?「人生これでいいのだろうか?」とは、だれしも生きていれば一度や二度は思うと思うだろう。今いる環境を変えようと思えば、明日からあなたも岐路だ。

 

僕は,いい年こいて岐路を経験したことがないというのは正直しょぼいと思う。

 

岐路といえば、例えば就職先をAにするかBにするかもそうだし、突然の降ってわいた別離もあるだろうし、仲良くしている人との決別もそうだと思う。

ただ、こればっかりは岐路に立ってみないとわからないと思う。「自分は岐路に立っているんだ」とは、結局自分が感じるかどうかなんだろう。

そういった意味で言えば、例えば就職活動をするにしても周囲がやっているからなんとなくやっている人は自身が岐路に立っているということは感じないと思う。

 

人間関係に関しても「この場所は自分のいる場所ではない」というのはうすうす気づくことはあると思う。ただ決定的なことがなければ決別するパワーはもったいないし、後々後悔するのは嫌だからとりあえず現状維持ということもあるだろう。

 

もちろん岐路はそう何度もやってくるものではないし、何度も岐路にぶつかる人は、それは岐路でもなんでもなくて自分で勝手に目の前のことを大きくしているだけだと思う。

 

僕は、今もそうだし、過去にも何度か岐路があった。そのたびにおろおろするし、岐路を楽しめればどれだけ楽だろうと思ったことも何度もある。

でも、岐路ではたいていおろおろするものだし、不安になるものだし、いきている心地がしないものだとも思う。つまりビビるもんなんだ。岐路ってものは。

 

僕もいま、びびっている。明日どうしようとか一年後どうしようとか思う。それを想像したうえで、決断できた人だけが味わえるのがまた岐路なのだろう。