クロワッサン焼いてみた|それなりになった1回目

  • LINEで送る

ぼくはクロワッサンが大好きでして、クロワッサンとおいしいコーヒーの組み合わせは幸せの大三元だと思っています。

ずっと飲食店を経営していたのですが、接客を担当していましたので料理はプロではありません。

クロワッサンはもちろんパンも焼いたことありませんし、未知の世界です。

 

2017年の目標はおいしいクロワッサンを焼くことですが、年始から何回かチャレンジしていました。

そしてついに今日、3月中ころにきて何とか形になってきましたのでご報告します。

 

クロワッサン1回目

形にするのは何とかなる

DSC_0013[1]

まずは上の画像が1回目のクロワッサンです。

おお、何とか形になっているぞ!と思うと思いますが、正確にはこれは1回目ではありません。

焼くに至るまでに発酵がうまくいかなかったり、バターがうまく練りこめなかったりして焼く前に断念することが3回ほどありました。

今度改めてご紹介しますが、発酵させるには大体40度の温度で1時間ほどおいておく必要があります。

この環境を作るのが家庭ではなかなか難しかったのです。

また、最初のうちは小麦粉と砂糖、塩、イーストをうまくこねることができずにだまになってしまったりして、それもうまくいかなかった理由だと思います。

 

3連休の一日目ですが、クライアントワークも落ち着いていましたので、昼からいろいろ考えて「今日こそ何とかやってやる」と意気込んでいました。

DSC_0001[1]
↑が発酵がうまくいった時のもの。

うまくいくときはこねているときから感触があって、「こりゃあうまくいくぞ」という感触がありました。

DSC_0005[1]
クロワッサンは、発酵させたパン生地にバターを練りこんだものですが、バターはこうやって棒でたたいたりして伸ばすことになります。

これも一回失敗しました。堅かったので温めた結果バターが柔らかくなりすぎて収集つかなくなったのです。

DSC_0007[1]
今回参考にしたレシピはこちら。

近所にスーパーがありますのですべてそろいますが、”準強力粉”は見当たりません。

ここはシカトして強力粉を使います。

 

生地は伸ばしてバターを練りこんでの繰り返しを5回ほどします。ここは写真撮り忘れました。

 

 

DSC_0010[1]
ここまでくるとそれっぽくなってきます。

バターを練りこんだ生地をながい三角形にきって、それを巻き込むとこのような形になります。

 

 

DSC_0015[1]

んで焼きあがったのがこちら。見た目は申し分ありません。

 

 

 

で、実食・・・。

 

 

 

んん・・・おいしいのですが、味がないというか、内側のしっとりした感じが出てきません。

塩加減か、砂糖の量か、発酵が足りないか、いろいろ検討するべきところはありますが、

形になってマンモス安心しました。

 

 

 

クロワッサンそのものは今後も研究しますが、この生地は料理にも生かすことができそうで、パイ包み焼きとかにも応用できそう。

焼きあがるまでに、生地を織り込んで、寝かせてを繰り返して最低でも3~4時間くらいかかるのでビール飲みながらのいい時間でした。

 

クロワッサンネタは今後も続きます。フフフ・・・。


当ブログ運営 前場亮のご紹介


1973年7月11日生まれ
港区赤坂で行政書士事務所を共同で運営しています。


2014年まで西麻布で飲食店を経営。
ワインも得意で第3回キュヴェ ルイーズ ポメリーソムリエコンテストで全国優勝しました。

行政書士の専門分野は風営法・航空法・道路法です。
これらのすべての分野で影響力のあるサイトを運営しています。詳しくは

風営法の専門サイト

道路法(特殊車両通行許可)の専門サイト

航空法(ドローン飛行)の専門サイト

をご覧ください。

モノを所有すること、保身、名誉が嫌いです。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9-1-7
赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075 fax 03-6418-1076


お問合せ・ご相談はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

  • LINEで送る

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>