クロワッサン焼いてみた|それなりになった1回目

ぼくはクロワッサンが大好きでして、クロワッサンとおいしいコーヒーの組み合わせは幸せの大三元だと思っています。

ずっと飲食店を経営していたのですが、接客を担当していましたので料理はプロではありません。

クロワッサンはもちろんパンも焼いたことありませんし、未知の世界です。

 

2017年の目標はおいしいクロワッサンを焼くことですが、年始から何回かチャレンジしていました。

そしてついに今日、3月中ころにきて何とか形になってきましたのでご報告します。

 

クロワッサン1回目

形にするのは何とかなる

DSC_0013[1]

まずは上の画像が1回目のクロワッサンです。

おお、何とか形になっているぞ!と思うと思いますが、正確にはこれは1回目ではありません。

焼くに至るまでに発酵がうまくいかなかったり、バターがうまく練りこめなかったりして焼く前に断念することが3回ほどありました。

今度改めてご紹介しますが、発酵させるには大体40度の温度で1時間ほどおいておく必要があります。

この環境を作るのが家庭ではなかなか難しかったのです。

また、最初のうちは小麦粉と砂糖、塩、イーストをうまくこねることができずにだまになってしまったりして、それもうまくいかなかった理由だと思います。

 

3連休の一日目ですが、クライアントワークも落ち着いていましたので、昼からいろいろ考えて「今日こそ何とかやってやる」と意気込んでいました。

DSC_0001[1]
↑が発酵がうまくいった時のもの。

うまくいくときはこねているときから感触があって、「こりゃあうまくいくぞ」という感触がありました。

DSC_0005[1]
クロワッサンは、発酵させたパン生地にバターを練りこんだものですが、バターはこうやって棒でたたいたりして伸ばすことになります。

これも一回失敗しました。堅かったので温めた結果バターが柔らかくなりすぎて収集つかなくなったのです。

DSC_0007[1]
今回参考にしたレシピはこちら。

近所にスーパーがありますのですべてそろいますが、”準強力粉”は見当たりません。

ここはシカトして強力粉を使います。

 

生地は伸ばしてバターを練りこんでの繰り返しを5回ほどします。ここは写真撮り忘れました。

 

 

DSC_0010[1]
ここまでくるとそれっぽくなってきます。

バターを練りこんだ生地をながい三角形にきって、それを巻き込むとこのような形になります。
続きを読む

北千住 R BAKER|電源wifiカフェでクロワッサンを! 

DSC_0017

北千住に引っ越してやっと落ち着いてきました。

北千住は快適でとても住みやすい街なのですが、以前の西麻布には15年住んで生活サイクルとかも完全に出来上がっていたのでいろいろと合わせるのが大変です。

仕方がないとはいえ、僕はカフェで仕事をすることが多かったので北千住にビジネスカフェがないことが大きなストレスですね。

 

ビジネスカフェと言えばスターバックスです。スターバックスは北千住に3件あります。

マルイ店は完全にファミリー向けでwifiも電源もありません。

ルミネ店はwifiはありますが電源がありません。

駅内にある店舗はwifiも電源もありますがさすがに駅構内なので環境は最高とは言えません。

ある程度予想はしていましたが1週間くらい試行錯誤していました。そんななかで探し出したカフェがR BAKERさんです。

 

北千住のビジネスカフェ?

DSC_0019

北千住はファミリー層が多いのですが、一人暮らしの学生さんや僕みたいなビジネス使用の顧客層もいます。

しかし街全体がファミリー向けにできているので住みやすいのですがもくもくと作業をしたい人向けの飲食店があってもいいのになあと思っていました。

R BAKERさんはwifiもあって電源もあり、さらにビジネス向けにお店全体ができているので北千住唯一のビジネスカフェと言っていいでしょう。

ただしビジネスカフェとして売り出しているわけではなく、クロワッサンとか総菜パンとカフェの業態で、そこにビジネス使用を織り込んだという感じです。

DSC_0015

 

スターバックスへの不満のはけ口になるか?

スタバが日本に出現する前、それまでの喫茶店はウエイターさんが一つ一つ聞いて回って運んでくれるのが当たり前で、そこにトーストとかの料理モノが加わると700円くらいになっていました。

当たり前のように価格設定がしてあるので誰も文句を言わなかったのですが、よくよく考えてみるとコーヒーはたいしておいしくないし、内装もおしゃれじゃないところも多かった気がします。

そこにカウンターで注文してあとはほったらかしのスタバが登場します。

カフェはほったらかしのほうがお店に気を使わなくていいし、おしゃれで健康的で都会的な雰囲気のスタバは一気にシェアを伸ばしたのです。

では、スタバは完全に現代人の満足を満たしているかといえばそうではありません。

・ピーク時はどこも満席で入れない

・セルフサービスの割には高い

・食事類が弱い

この三つは「あるある」とうなずく人も多いのではないでしょうか。この不満こそがR BAKERさんの突破口なのかもしれません。
続きを読む

カーサ カルマ|北千住の気合入ってるイタリアンやで

DSC_0001

北千住に引っ越してやっと落ち着いてきました。

引っ越しがここまで大変だとは思いませんでしたが、せわしなく大変ながらも街を眺めることはできます。

自宅の近くはできる限り裏道も含めていろいろ歩こうと思うのですが、そんななかでひときわ目を引いたのがこちらでした。

DSC_0002

食べログで調べてみるとやはり北千住イタリアンでは1番でした。おいしいお店は外観で分かります。

北千住駅から歩くと商店街を最後まで抜けてさらに少し歩きます。決して恵まれた立地ではありませんが、ずいぶん繁盛しているように見えました。

狭い店内ではありますが料理人と接客含めてスタッフは5人はいらっしゃったと思います。

 

北千住イタリアン カーサカルマ

外観からわかる通り家庭的な雰囲気はありますが同時に都会的な洗練さを感じる店づくりです。

これは僕の予想ですが、おそらくお店の方はもっとセンスを前面に出すことも可能なのですが、地域性に合わせて押さえている感じがしました。

後述しますがお料理の盛り付けとかワインのセレクトが都会的で田舎っぽい外観や内装とあっていません。

おそらく僕がイタリアンに慣れているのでアレンジしたのかもしれませんが、それだとしても非凡なものを感じました。

 

マダムらしき方が仕切っていますが、セレクトするワインが料理との連携が取れています。久しぶりにいいマリアージュを楽しめました。ひょっとしてワイン押しのお店?

DSC_0003

店内は20席程度で薄暗く、ヨーロッパにある地方のビストロのような内装です。

金曜日でしたので早い時間でしたがすでにほかのお客がいたので店内の写真は飛ばしますが、センス良くまとまっていておしゃれなのでデートにも使えます。

ただし、20席しかないのですぐに満席になってしまいます。予約をお勧めします。

 

 

パスタ

一人でしたので前菜は飛ばしてパスタとメインディッシュのみにしました。

パスタはイノシシ肉のカルボナーラのキタッラ。

イノシシ肉のパンチェッタは風味もよく、よく味わうと塾成香を感じます。

キタッラは粉の風味というよりも口当たりや舌触りのなめらかさを優先させたもので、ソースとよく合います。

技術としてはこれだけでしっかりとしたものを確認できます。一皿として完成されています。

カルボナーラはイタリアンだと「とりあえずメニューにおいておけば出る」定番ではありますが、それだけに余計なアレンジをすると少しイタリアンに詳しいお客には通用しません。

例えば店構えは伝統的なイタリアのトラットリアの様なのにアメリカ風のクリームたっぷりのカルボナーラが出てきたら拍子抜けしてしまいますよね。

 

 

こちらのカルボナーラは日本人向けにアレンジをしていませんのでまずは一安心です。

DSC_0005

ワインはお任せでリグーリアの白でした。シンプルな味わいですが果実味がたっぷりでやや残糖があり、リッチな口当たりです。

カルボナーラは料理とワインのコンビネーションが難しくて有名です。むずかしいというか、考察されてこなかったのです。

ワインはもともと卵との相性は難しいとされていますし、カルボナーラは大衆料理なのでセオリーは無難な軽めの白ワインとされていました。

これはどういうことでしょうか?つまりあまりにも家庭的過ぎるものだからとりあえずがぶ飲みできる白ワインで行こうという消極策が長年のセオリーだったのです。

ワイン界は長年保守的なロジックが主流だったのですが、それではものすごい勢いで進化する料理に取り残されてしまいますよね。ワイン業界にもこの疑問は以前から投げかけられていました。

その反省からか、最近はいままで見向きもされなかった料理とのコンビネーションもフォーカスされるようになったのです。

 

 

今回はお任せでワインをお願いしました.

料理に塩気があるので残糖がほんのりと感じられてある程度のボディがある白ワインをお勧めしてくれました。これが積極的なマリアージュといえます。

ワイン単体でもおいしいですし、相性も完璧。
続きを読む

北千住に引っ越しました!

14871609814080

2月に入って以前の港区西麻布から足立区北千住に引っ越しました。

引っ越しはずいぶん前から考えていたのですが、タイミングが合わずにいままでずるずるといた感じです。

 

さらば西麻布!ありがとう西麻布!

西麻布には28歳のころから15年住みました。

いろいろ思うところはありますが、僕としては成長させてもらいましたし、いい思い出のほうが多い街でした。

もともとは最初のイタリアンをオープンさせるにあたって、さきにお店の物件が決まっていたのでそれに合わせて住み始めたのがきっかけです。

西麻布のなかで2回引っ越したのですが、僕にとっては本当に青春の地でした。

最初のころはもちろん自己顕示欲とかもありましたし、西麻布に住んでいるというとウケはいいので悪い気はしません。茶化されていると感じることもありましたが、それも楽しんでいたように思います。

ですが、年月の経過とともにいつのまにか西麻布が自分にとって面倒くさい街に感じるようになりました。

3年位前から冷めてしまい、踊っているのか踊らされているのか、はしゃいでいるのかはしゃがされているのかわからない人が集まっている街のように感じるようになってしまい、いかんなあと考えていたのです。

この分析は15年住みましたから大きく外してはいないと思いますが、だからこそ様々な欲が集まり、その中で昇華した人やモノに魅力が宿るのだと思います。(もちろんなかには西麻布に根付いた生活をされている方もたくさんおられます。)

各分野で日本を代表するような人とも出会えましたし、視野も広がりました。ありがとう西麻布!
続きを読む

今年の目標は、クロワッサン焼きやで

14844840907321

実はクロワッサンが本気で好きでして、今年の目標はクロワッサンを焼けるようになることにしようと思っています。

 

目標は、一年に一度作るようにしています。

2015年は筋トレで横に割れた腹をタテに割るという目標を立てました。

ウェブアートディレクター

筋トレの場合、目標は↑の程度でして、これ以上は望みませんし、今も体形が維持できればいいくらいに考えています。

 

そして2016年は足を180度開くという大開脚を目標に立てましたが、あっという間にくじけました。あれはヤバいですね。

また取り組むかもしれませんが、しばらくは絶対にいやです。
続きを読む

2016年もお世話になりました!

unnamedwxw54782

2016年も残りわずかです。

2014年は飲食業界を辞めた最初の年で、散々な年だったのを覚えています。

2015年は行政書士一本で食べていけるのかめっちゃ不安な年でした。

 

 

で!

 

 

2016年を振り返りたいと思います。

 

2016年は、どんな年?

プライベート

2015年は、年始にお付き合いさせてもらっていた方に振られてしまったのですが、それ以降浮いた話はありません・・・。

プライベートといってもせんじつめれば女性関係のことなんですが、この年(43ですぜ!)になるとモテたいとか彼女がいないとカッコがつかないとかの懊悩は消え失せます。

わかる人にはわかると思いますが、女性関係は年を取るごとに「恋愛感情はリスク」みたいにとらえてしまう傾向があります。

こんなんじゃいかんとは思うのですが、かといって強制されて恋愛するのもアレなんで今のところ鬼放置です。

 

ただし、彼女ができたり結婚したとしても現在進行形では絶対に紹介しないと思います。
終わってしばらくした場合に「そういや終わったよ」的なご紹介はあると思いますが・・・。
続きを読む

社会最下層の人間

突然ですが、僕は自分で自分のことを社会最下層の人間だと思うようにしています。

 

社会最下層の人間というときいてどのような人を想像するでしょうか。

だいたいお金も地位も学力もなく、男性であればダサい、モテない、キモい・・・こういうひとを思い浮かべると思います。

もちろん僕自身が一つ一つそれらの最下層かどうかはわかりません。それらを決めるのは他人であって自分ではないからです。

 

ほとんどの人は自分のことを「自分はだいたい社会でこれくらいの位置だろう」という予測を出しているものですし、その予測をもとに行動することが多いと思います。

この心理はいまの日本社会に生活するのであればあって仕方のないことだと思いますし、僕も以前はこの心理に拘束されていました。
続きを読む

六本木 スピーゴラ|ミッドタウン横の隠れ家イタリアン

14797287376970

事務所近くでおいしいパスタを食べられるお店を探していました。

ファサードがセンス良かったので(写真は失念しました・・・)気になっていましたが、今日は時間があったのでパスタランチをいただきました。

センスはあるのですが、「見せ方はうまいけれど内容がともなっていなくてめっちゃ残念」というお店は結構あって、特にイタリアンに多い気がしますのでそうでないことを期待していました。

お店にはミッドタウン側から入るのではなく、裏道がエントランスになっています。

普通の経営者だったらミッドタウン側に入り口を作るのが正攻法ですが、裏道の方に作るあたりが頑固一徹を感じます。

ファサードとともにお店のつくりはおしゃれで都会的な洗練さを感じます。今回は1000円のパスタランチ。

お野菜のマリネ、ビスコッティがデフォルトでついてきて、ミネストローネとパスタがセットになっています。

14797289608681

ミネストローネは塩分をごく力おさえて野菜の味を前面に出したもの。塩分が少なすぎて心配になりましたが本当にギリギリスープとして成り立つくらいの薄味でした。

パスタは大山鶏と大根のアーリオオーリオ。逆にしっかりと塩分もあり、鶏肉のうまみと大根の触感がマッチしていました。

料金は税込み1000円ですのでこれ以上は高望みかもしれません。
続きを読む

西麻布交差点 和食おとら|魔のロケーションを制するか!?

dsc_00401

西麻布 おとらは2016年11月13日、西麻布交差点にオープンした和食店です。

以前はテテスというカフェがあったのですが、テテスは3か月ほど前に閉店し、そのあとに入りました。

終わったから言えますが以前のカフェ テテスは本当に僕とは相性が悪く、西麻布交差点にあるにもかかわらず高い・まずい・サービス悪いのお店でした。

よく続いているなあと思っていましたが、別部門で成功している会社なので維持ができていたのだと思います。

その跡地での出店ということで、いったいどういうお店なのか?早速リポートします。

 

西麻布 おとら

西麻布交差点の検討

こちらを訪れる前に、まずは西麻布交差点をおさらいしてみましょう。

西麻布交差点は広尾駅、六本木駅からどちらも歩けば15分はかかります。にもかかわらず質の高いブティック飲食店が点在し、飲食店関係者から見ると西麻布での成功は最高のステータスです。

実際に雑誌やガイドブックでも取り上げられることは多いエリアですし、ミシュランの掲載店舗も密集しています。

さらに、西麻布交差点での出店ということになると、業界の注目度も半端ではありませんし、成功させれば大変なブランディングになります。

そのためよほどの覚悟があってこちらを開業したと思いますし、そうあってほしいと思います。

dsc_00421

現状、西麻布交差点はグローバルダイニングの権八(一丁目)、アイスクリームのホブソンズ(四丁目)、焼き肉の叙々苑游玄亭(三丁目)がそれぞれの要所をおさえています。

しかし前述のように2丁目はテテスがパッとしなかったためなんとしてもここは頑張ってほしいところです。

dsc_00281

おとらはビルの1,2階にあって、1階はカウンターを中心にしたオープンキッチンのスペースで、2階は3~10人くらいの半個室や個室をメインにしています。

西麻布エリアの飲食店は個室の需要が大変に高く、夜遊び族にとっては個室はマストなのでそれを意識したのでしょう。

dsc_00291

一人客は一階のカウンターに案内されます。今回はお店の関係者さんがいらして利用できませんでしたがオープンバルみたいなところがあって、そこはビール一杯でもいいのかもしれません。

 

メニューは和食・・・といってもうどんとおでんを中心にした居酒屋メニュー。戦略なのか刺身の盛り合わせはすべて舟に盛られます。

dsc_00241
続きを読む

富津市 ラーメン梅乃家|真っ黒なスープの竹岡式を喰らう

ドローンの空撮で富津市に行きまして(趣味)、東京から高速バスで1時間半くらい、富津市の”高速竹岡”という停留所でおりて海に向かい、撮影をしました。

空撮そのものは1時間もあれば終わって、帰りのバスを待つのですが1時間に一本しかありません。

お腹が空いたので近所にある定食屋さんにでも入ろうと思ってネットで検索してふらっと入りましたのが梅乃家さんでした。

dsc_00141

周りに飲食店は全くありませんので「競争も少ないだろう」という予測からあまり期待していなかったのですが、入り口を覗くとお客でごった返していてものすごい違和感が漂っていました。

 

入り口から中をのぞくと店員さんが気づいて話しかけてきます

「お客さん1人?注文なににします?」

いきなり来た。

 

普通であればまずはメニューを見させてそれでお客に決めてもらうのですが、いろいろと省いていきなり注文を聞くあたり、相当強気な営業をしているのがわかります。

dsc_00101

 

強気というと若干意地の悪いイメージを持たれるかと思いますが、店員さんはそんな邪悪さとは無縁の生活を送っている感丸出しで、お客の要望に応えていたら自然とこうなったのがわかります。
続きを読む