ニース 最終日|青い海はお腹いっぱい!ラーメン食べたい!

LINEで送る


南フランス旅行も最終日。

明日のフライトで帰国します。

 

こういうとアレなんですがもう完全に南フランスはお腹いっぱいで青い海も白い砂浜もしばらく見なくても生きて行けそうです。

今回の宿泊は

モナコ3泊

ヴィルフランシュ シュル メール 1泊

ニース 2泊

でした。

今もニースにいます。

DSC_1422

モナコの宿泊は確かに高くついてしまいましたが、以前訪れたときに気にいっていたので予定通りです。

宿泊するホテルは、フランスに至っては現地で探しても全く問題ありません。

観光地であれば歩けばホテルを目にしますし、必ずファサードに金額が明示しているので安心です。

ニースのホテルも同様で歩いて探したのですが家族経営のこじんまりとしてスタッフさんがホスピタリティに富んでいてよかったです。

DSC_1211

たいてい7時くらいにホテルを出るとまだ外は真っ暗で、真っ暗なときに移動を済ませます。

↑の写真はビルフランシュからニースに行くバス停。

土日はなかなかバスが来ないので不安になりますね・・・。

10時くらいまでぶらぶらして宿泊するホテルの目星をつけ、実際に受付をします。

こうすると明るい時間を最大限に使えるのでお勧めです。

 

 

ニース

パリと似た雰囲気

DSC_1414

ニースの魅力は、もちろん南フランス独特の青い海と開放感ですが、街並みは雑然としていてパリのような雰囲気があります。

歩き始めると決してこぎれいな街ではなく、裏道は薄暗く、生活の匂いがしてややアンバランスな印象を持つかもしれません。

しかしリゾートはどこでも同じようなものでいわゆるフォトジェニックなところに集中投資するものだと思います。

行きかう人もそれこそ千差万別で個性的。どういう人生を歩んでニースにたどり着いたのか、興味がわく人ばかりです。

 

花の市場

DSC_1461

目抜き通りよりも旧市街のほうが雰囲気的に好きなのですが、特にニースは旧市街に花の市場があると聞いていたので計画していました。

旧市街を歩き、おそらく地方裁判所だと思うのですが、この裏が市場です。

裁判所の前はプラカードを持った人がたくさんいて、おそらく自己の正当性を訴えているのだと思いますが、どこでも同じような光景はあるものですね・・・。

 

そして花の市場がこちらです!

DSC_1415

花どころか何もありません。

後で知ったのですが月曜日は花市場は休みでその代わりアンティーク市場があるということでした。

写真は明日撮れれば撮ります。

 

 

ただしアンティーク市場と言っても数人が目の前にシートを引いて家にある古物とかを並べているだけでとても市場というしろものではありません。

ここは軽くスルーしました。

 

シャガール美術館

DSC_1424

時間も余ったので近くにシャガール美術館があるとのことで歩いてみました。

うす暗い街並みから少しずつアカデミックな雰囲気の街並みに代わります。

DSC_1420

高級住宅街のマンションになり、弁護士の共同事務所が入る高級マンションなどが見えます。邪推ですがフランスでも弁護士って儲かるんですね・・・。

 

 

緩やかな坂道を歩くとシャガール美術館が見えてきます。

8ユーロを払って中に進みます。

DSC_1428

おそらく美術マニアにはたまらない絵画が並びます。

入り口に世界的な美術品なのでそれを狙ったテロなどが起きる可能性があるとのリスク通知がありました。

それだけの美術館なのだとは思うのですが、本当に失礼ですが僕は絵心が全くありません。

DSC_1431

 

 

DSC_1430

少しでも知識があればまた違ったかもしれませんが、ソムリエコンクールの時にムートンロートシルドのラベルの年号で覚えていただけでその他は全くの無知です。

隣の人は最高に感動しているのですが、対照的に僕はまったく心を動かされません。

DSC_1440

まさに豚に真珠。朝ご飯を食べすぎて眠たくなったのでシアターで軽く昼寝をしてしまいました。

 

旧市街のビストロ

DSC_1453

裁判所の付近はこじんまりとしてうまそうな料理を出す雰囲気のあるビストロが並びます。

そのなかでもこぎれいでなんとなくピンときたお店に入りました。

パリにあるいかにもビストロチックな内装で、小さな店内を店員さんが一人でてきぱきとこなしていました。

DSC_1451

グラスやカテラリーも頑丈そうで実用的。

前菜は子イワシのフリット。小麦粉をまぶしてフリットにしています。

DSC_1449

これは日本でもイタリアンやスパニッシュバルなどでよくいただきますね。

 

 

メインディッシュはフォーフィレのグリル。なんて飾り気のないステーキなんだと思われると思いますが、フランスのビストロはだいたいこんな感じです。

DSC_1454

付け合わせがポテトフリットかと思ったら違いました。

シシというらしく、ひよこ豆のピュレを小麦粉とかと板状にして切り分けたものをフリットにしたものらしいです。

DSC_1456

ビストロ料理でうれしいのは、今回のように揚げたて、焼きたてを出してくれるところでしょう。

大型のお店や高級店でも早く出すために作り置きの料理が出てくることもありますが、やはり作り立てはおいしいですね。

DSC_1459

デザートはメルベイユというデザート。シシと同様に初耳です。

生クリームとメレンゲを合わせたクリームとチョコレート風味のビスケットで作るらしいですが、見た目も面白いので日本で紹介されたら流行りそうです。

 

昼間にレストランやビストロで食べるとあまりのボリュームに夜までお腹いっぱいになります。

昨日はカンヌのレストランでたらふく食べて、夜は部屋で近くのデリカで買ったジャガイモのグラタンをいただきましたが、これもなかなかおいしく、今日もそうなりそうです。

 

 


当ブログ運営 前場亮のご紹介


1973年7月11日生まれ
港区赤坂で行政書士事務所を共同で運営しています。


2014年まで西麻布で飲食店を経営。
ワインも得意で第3回キュヴェ ルイーズ ポメリーソムリエコンテストで全国優勝しました。

行政書士の専門分野は風営法・航空法・道路法です。
これらのすべての分野で影響力のあるサイトを運営しています。詳しくは

風営法の専門サイト

道路法(特殊車両通行許可)の専門サイト

航空法(ドローン飛行)の専門サイト

をご覧ください。

モノを所有すること、保身、名誉が嫌いです。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9-1-7
赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075 fax 03-6418-1076


お問合せ・ご相談はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

LINEで送る

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>