どんぶり・鍋

赤坂 海鮮丼ランチ 磯丸水産|アイドルみたいな海鮮丼!

磯丸水産 ランチ 海鮮丼

磯丸水産は24時間営業の海鮮物の居酒屋で、町田の磯丸水産のように昼間からべろんべろんになる人もいます。

しかし赤坂の磯丸水産はさすがにいくらなんだってビジネス街なのでそういう層は望めません。

 

ランチは800円くらいから海鮮丼をやっていまして、最近よくいただくのが「サケ・マグロ四色丼」です。

マグロの切り身とねぎとろ、サーモンといくらが乗っかてまして、以前いただいた平塚漁港の食堂よりもキャッチ―な感じです。

 

平塚漁港の食堂は平塚漁港の地物にこだわっていますのでイクラとかマグロとかの売れ筋のものよりもスズキとか石鯛とかの白身魚系が多かったのですが、こちらは産地のこだわりとか一切なくとにかく大衆ウケを狙ったラインナップです。

 

 アイドルのような海鮮丼

お食事はなんというか、「大衆とはこういう海鮮丼が好きなんだろ?」という問いかけにこたえる気持ちが満々で、まさにアイドルみたいないでたちです。

もしあなたがアイドルのプロデューサーだったら「男はこういう女性が好きなんだから・・・」という大衆論をアイドルにさせると思います。

あれの海鮮丼バージョンです。

 

磯丸水産 味噌汁
続きを読む

平塚 海鮮丼 平塚漁港の食堂|猛烈に海鮮を食らいたいあなたに!

DSC_0100[1]

行政書士という職業柄さまざまな行政庁の窓口に行きますが、平塚は大事なクライアントがいますので決して近くはありませんがよく足を運びます。

いつも平塚はいって帰っての往復で、せっかく海の近くに来たのだから何かおいしいものを探そうと思い、海鮮丼をおいしく食べられるお店を探しました。

そこで見つけたのが「平塚漁港の食堂」です。

 

平塚漁港の食堂

平塚漁港の食堂

平塚漁港の食堂は、平塚漁業協同組合の経営で、平塚漁港でとれた新鮮な魚介類を食べさせるフラッグシップ的なお店を作ろうということで始まったお店らしいです。

お店は平塚駅から歩いて20分はかかりますし、決して便利な場所にあるわけではありませんが、平日の昼間だというのに結構な数のお客さんがいました。

平塚駅側から入るとはいって一階下が客席です。入口から見下ろすように客席が広がります。

平塚漁港の食堂

 

店内は開放的で天井も高く、木のぬくもりを生かしたデザインでこだわりを感じます。

外部に向けたフラッグシップ店ではありますが、地元のお客も多くいらっしゃるみたでした。

 

 

平塚漁港の食堂のメニュー

平塚漁港 メニュー

メニューは手書きの居酒屋風。

今回はランチメニューの海鮮丼に刺身の盛り合わせを追加して1700円+消費税でした。

地産地消を掲げているので海鮮丼の具材はすべて平塚漁港のものらしいです。

平塚漁港の食堂 海鮮丼
続きを読む