東銀座 トゥット イル マーレ|初回のデートや少人数の女子会におすすめ!

  • LINEで送る

 

イタリア料理は、自分でも経営していたので見る目が厳しく、味とかサービスとかで満足いくことが少なかったのですが、ここ最近丸くなってきたのか、こちらは手放しでお勧めできるいいお店です!

 

店名

カンティーナ シチリアーナ トゥット イル マーレ (Cantina Siciliana Tutto Il Mare)

ジャンル イタリアン、地中海料理、バル・バール
TEL・予約

050-5872-9498 (予約専用番号)

住所は東京都中央区銀座4-13-3。銀座ですが、限りなく築地寄りで東銀座の駅から徒歩3分程度。

24902534

築地警察署のアポイントまで2時間あったので探して偶然入りました。

一人だったのでカウンターで食事。店内はこれでもかと言わんばかりのシチリア押し。これも時代なのか、店員さんはイヤホンマイクでオーダーを通していました。

14423796068173

内装もそうなのですが、料理もシチリア風というか、あまり飾り気のないシンプルでお酒に合いそうなラインナップです。

シチリアは、イタリア最南端の州で、日本で言えば北海道のように食材や料理のイメージがよく、”新鮮でうまい料理をワイワイ食べよう”という気にさせるものがあります。

いただいたのは、前菜盛り合わせ、小柱と小エビのスパゲッティ、カジキマグロのソテーです。

14423795642120

 

14423795907422

どれもおいしく、うれしかったのが最後のコーヒーまで手抜きがなかったところ。前菜からデザートまでおいしくて、それでコーヒーが恐ろしくまずいと心の底からがっかりするのですがいわゆるロングコーヒーでしたがそれでもおいしかったです。

 

プロが来た時のベストな接客とは?

そして、今回気づいたのが、プロっぽい人が来た時のベストな接客についてです。今回、飲食店経営をやめてしばらくしてのイタリアンだったので、ずいぶんと客観的に見ることができました。

お店の人は僕が飲食店のプロだということはオーダーの時までに絶対に気付いたはずですが、最後までほかの人と区別せずに普通に淡々と接客していました。

「それって普通なことじゃん」と思う人もいると思うのですが、これがいざ接客する立場だと難しく、どうしても手厚く接客したり、何か普通とは違うサービスをしたくなったりするものなのです。

なぜかというと、修業時代に食べ歩きをしたときとかは、まだ修業中なので「おれを見ろ」的なオラオラ感がどうしてもでてしまい、その経験が「同業者には手厚くしよう」という心理を生んでしまうのです。

 

ところが、ある程度自身のキャリアにも自信が持てたり、お店でいろいろ発表できる立場になると、今度は逆に気を使われるのが面倒になって、ふつうにしていてほしいという心理も芽生えます。人にもよりますが、プロが来たら、知り合いでなければふつうにするのが一番だと思います。

 

もちろん知り合いや友人には周囲に気づかれないように手厚くサービスしたりするでしょうし、中にはいくつになっても俺を見ろ的な人もいますが、経験上、この手のタイプに一流はいないのであまり真剣にならずに適当に持ち上げておけばOKです。

 

内装もおしゃれですがカジュアルで立地もいいし、食事もおいしく、銀座なので待ち合わせやアフターのお店もたくさんあります。初回のデートとか3~4人の女子会とかにはピッタリではないでしょうか?

 

採点はこちら


当ブログ運営 前場亮のご紹介


1973年7月11日生まれ
港区赤坂で行政書士事務所を共同で運営しています。


2014年まで西麻布で飲食店を経営。
ワインも得意で第3回キュヴェ ルイーズ ポメリーソムリエコンテストで全国優勝しました。

行政書士の専門分野は風営法・航空法・道路法です。
これらのすべての分野で影響力のあるサイトを運営しています。詳しくは

風営法の専門サイト

道路法(特殊車両通行許可)の専門サイト

航空法(ドローン飛行)の専門サイト

をご覧ください。

モノを所有すること、保身、名誉が嫌いです。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9-1-7
赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075 fax 03-6418-1076


お問合せ・ご相談はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

  • LINEで送る

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>