竜田駅の楢葉町祭りと津波のつめあと

  • LINEで送る

DSC_0023

僕は以前からひとつの確認と検証の意味もこめてできる限り原発事故付近を見てみたいと考えていました。

バイクとかがあればいいのですが、原チャリは売っちゃったし、車も運転できませんので電車しかありません。そこで目を付けたのが常磐線竜田駅です。

 

竜田駅は福島県楢葉町というところにあって、福島原発の事故によって常磐線の終着駅になっています。これから先は危険だから行っちゃあいけないということでしょう。

スクリーンショット (42)

実際に文部科学省の放射線マップを見るとはっきりと色分けされていて、これ以上は行っちゃあいけない雰囲気が出ています。DSC_0015

ただ、じゃあ放射線はどこまでがよくてどこからがヤバい量なのかは専門家ではないのでわかりませんし、そこで生活している方がいらっしゃって国が禁止にしていないのであれば僕には大問題のように感じません。

 

そこで、ひょんなことから8月14日に竜田駅で楢葉町祭りが開かれることを知り、時間がありましたので行ってきました。

 

竜田駅はJR柏の駅から1時間ほどで水戸に行き、水戸から乗り換えて2時間ほどの場所にあります。後述しますが駅の周辺を歩いても生活の拠点としては完全に機能していません。

DSC_0074

↑そのため水戸からしばらくすると車両の中は僕一人。電車内でも3~4人しかいなかったと思います。JRには悪いですけど快適快適。

 

DSC_0017

駅をおり、しばらく歩いても人影はありません。本当にここにたくさんのひとが生活していたのかが不思議なくらいです。

もちろんコンビニもありませんし、飲食店もやっていません。お盆だからやっていないのかとも思いましたがそもそも生活の匂いがしませんのでおそらく普段からこうなのだと思います。

 

海の方面に歩く

DSC_0030

道を歩くとすぐに基盤づくりの造成工事が目に入ります。しかし、2011年からすでに5年たっているにもかかわらずほとんど進展している様子には感じません。

それどころか本気で進展させようとしているのかというほど進み具合です。建物はもちろんまだ上下水道や電気などのインフラも全くの手つかずに映りました。

インフラの誘引からはじまり敷地形成して住宅がたつまで一体どれだけかかるのか、見当もつきません。

DSC_0035

道を進むとすぐにこのような標識が目に入りました。ここからは津波の浸水地域だということです。

ここからは進入禁止の雨あられ。30メートルおきに禁止っぽい標識を目にします。

 

もうすこし深いところを見てみたかった僕は通りがかった60代くらいの男性を捕まえます。

最初は世間話をしてすこしとっぽいふりしてかわいげをだし、「海の方とかって、行っちゃあいけないですよねえ?」と聞いてみると、

「今はお盆だから誰もいないよ。行っちゃいなよ」

と背中を押してくれました。よし!ここから先は完全に自己責任ですすむことにします。

DSC_0033

少し進むとやや造成工事が進展したエリアが見えます。だれ一人いません。

DSC_0028

見る人からすればショッキング化と思いますが、そこらへんに大きな黒いビニール袋が積んであります。放射線を含んだ土をこの中に入れているのでしょう。

DSC_0027

この袋は耐候性大型土のうというらしいです。放射線の高い表土をここに集めてとりあえずしのぐということでしょう。

 

海側のエリアには淡水の貯水エリアもあって、どこも大変にきれいな水です。何に使うのかはわかりません。

DSC_0024

淡水と言いましたが、飲んでいませんのでわかりません。海水かも。

DSC_0039

さらに進むと海の音が聞こえます。ザッパーン!と波を打つ音です。

DSC_0044
天気も良くて、風も少ないのに波はけっこう強い印象です。

ここで、急に恐ろしくなり引き返します。この波が人を襲ったのかということと、いきなりこの波が僕を飲み込んだらなすすべもないだろうということが頭をよぎったのです。

 

ここまで読んでいただき、いろいろ意見はあると思います。僕も多くの方がなくなった場所を見に行くのは野次馬精神だとか不謹慎じゃないかとか自問自答しました。

もちろんお読みいただいてそのように感じる人もいるかもしれません。不愉快に感じましたら申し訳ございません。

・・・などといろいろなことを考えながら駅の方に戻りました。

 

楢葉町祭り

DSC_0060

駅に戻るとお祭りの真っ最中でした。

最初はさみしいお客の入りでしたがどんどん増えて3時ころに帰るころには結構な人でにぎわっていました。

いろいろと見て回るとイカ焼きと生ビールが目に入りました。めちゃめちゃうまそう。

DSC_0061

生ビール500円とイカ焼き400円。ここでお店の人と仲良くなった僕は失敗を犯します。

DSC_0062

まずは↑のひとにうまく丸め込まれてビールを二杯飲まされます。ここまではまあよかったのでしたが・・・

DSC_0071

さらに↑のひとに日本酒をすすめられ、気分良くなった僕はさらに日本酒を二杯飲まされ、もうベロベロ・・・。

DSC_0066

自宅までは4時間はかかるし、電車は1時間に一本あるかないかなので夕方前には帰路につきました。いやあ、うまかったなあ・・・。

 


当ブログ運営 前場亮のご紹介


1973年7月11日生まれ
港区赤坂で行政書士事務所を共同で運営しています。


2014年まで西麻布で飲食店を経営。
ワインも得意で第3回キュヴェ ルイーズ ポメリーソムリエコンテストで全国優勝しました。

行政書士の専門分野は風営法・航空法・道路法です。
これらのすべての分野で影響力のあるサイトを運営しています。詳しくは

風営法の専門サイト

道路法(特殊車両通行許可)の専門サイト

航空法(ドローン飛行)の専門サイト

をご覧ください。

モノを所有すること、保身、名誉が嫌いです。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9-1-7
赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075 fax 03-6418-1076


お問合せ・ご相談はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

  • LINEで送る

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>