平塚 海鮮丼 平塚漁港の食堂|猛烈に海鮮を食らいたいあなたに!

  • LINEで送る

DSC_0100[1]

行政書士という職業柄さまざまな行政庁の窓口に行きますが、平塚は大事なクライアントがいますので決して近くはありませんがよく足を運びます。

いつも平塚はいって帰っての往復で、せっかく海の近くに来たのだから何かおいしいものを探そうと思い、海鮮丼をおいしく食べられるお店を探しました。

そこで見つけたのが「平塚漁港の食堂」です。

 

平塚漁港の食堂

平塚漁港の食堂

平塚漁港の食堂は、平塚漁業協同組合の経営で、平塚漁港でとれた新鮮な魚介類を食べさせるフラッグシップ的なお店を作ろうということで始まったお店らしいです。

お店は平塚駅から歩いて20分はかかりますし、決して便利な場所にあるわけではありませんが、平日の昼間だというのに結構な数のお客さんがいました。

平塚駅側から入るとはいって一階下が客席です。入口から見下ろすように客席が広がります。

平塚漁港の食堂

 

店内は開放的で天井も高く、木のぬくもりを生かしたデザインでこだわりを感じます。

外部に向けたフラッグシップ店ではありますが、地元のお客も多くいらっしゃるみたでした。

 

 

平塚漁港の食堂のメニュー

平塚漁港 メニュー

メニューは手書きの居酒屋風。

今回はランチメニューの海鮮丼に刺身の盛り合わせを追加して1700円+消費税でした。

地産地消を掲げているので海鮮丼の具材はすべて平塚漁港のものらしいです。

平塚漁港の食堂 海鮮丼

 

そのため「海鮮丼といえばいくらとうにやろ」というイメージで行くと肩透かしを食らいます。

全ての魚の説明をしてくれて、スズキ、ホウボウ、クロダイ、真鯛、アジ、太刀魚までは覚えていましたが、あとはわすれてしまいました。。。

平塚漁港の食堂

味噌汁も海鮮のダシがよくきいておいしかったです。

 

料金は税込みで2000円弱。

正直にいえば「2000円だったら都内でこれくらいの海鮮丼は結構あるよ」が本音です。

おそらく運営者もその程度はわかっていると思いますし、海鮮丼であればもうすこし華やかな色合いの具材を使ったほうがウケがいいというのは考えていると思います。

平塚漁港の食堂

 

しかし、「平塚漁港の食材を」とのキャッチフレーズで始めたお店なので、ウケ狙いで北海道産の海産物を使ってもお客側は矛盾を感じてしまうと思います。

そのため僕はこだわって平塚漁港でとれたものに限定するスタンスは好きですし、だからこそ地元の人も応援しようと来店されるのだと思います。

 

DSC_0140[1]

ちなみにこの日は台風明けだったので海は大荒れでした・・・。

 

店舗名:平塚漁港の食堂
ジャンル:海鮮
住所:神奈川県平塚市千石河岸51-14
電話番号:0463-86-6892
営業時間:[火~日・祝] 11:00~15:00(L.O. 14:30)
定休日:月曜日(祝日の際は営業、翌火曜日休み) 不定火曜日
*データは変更になる可能性がありますので事前にご確認ください

 

 

採点はこちら


当ブログ運営 前場亮のご紹介


1973年7月11日生まれ
港区赤坂で行政書士事務所を共同で運営しています。


2014年まで西麻布で飲食店を経営。
ワインも得意で第3回キュヴェ ルイーズ ポメリーソムリエコンテストで全国優勝しました。

行政書士の専門分野は風営法・航空法・道路法です。
これらのすべての分野で影響力のあるサイトを運営しています。詳しくは

風営法の専門サイト

道路法(特殊車両通行許可)の専門サイト

航空法(ドローン飛行)の専門サイト

をご覧ください。

モノを所有すること、保身、名誉が嫌いです。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9-1-7
赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075 fax 03-6418-1076


お問合せ・ご相談はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

  • LINEで送る

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>