北千住 クラフトビール さかづきブルーイング 地産地消やで

  • LINEで送る

CSC_0172[1]

北千住は駅の西口と東口で雰囲気がガラッと変わり、こぎれいな西口に比べて東口は大衆的で気の置けない飲食店が多くあります。

その中にあってさかづきブルーイングさんは街並みに溶け込んではいるけど他とは明らかに違うオーラを放つお店としてぜひ紹介したいと思います。

 

さかづきブルーイング

ほんものの地産地消

CSC_0165[1]

さかづきブルーイングさんは都内ではほとんど見かけない「ブルワリー+ビストロ」の複合店舗です。

側面の併設の醸造所でビールを醸造し、それを店舗で販売しています。

店内はおしゃれなカフェのような内装ですが、店員さんの対応ですぐに本物のブルワリーなんだと確信できました。

店員さん一人一人がビールの醸造に興味がなければできない表情をしています。これは本物だ!

 

ビールの醸造

CSC_0163[1]

自家製でビールを醸造し、それを販売する・・・これは一つの夢の体現ではないでしょうか。

ただし実際にはビールの醸造は酒造免許が必要で、これがえらいハードルが高いのです。

許可には様々な要件がありますが、酒造免許の場合、何といっても最低生産量がしっかりと定められているのが最大のネックでしょう。

 

 

お酒は嗜好品なので税率を上げても文句は出にくいし、国からすればいい税源です。

生活必需品だと少しでも税率を上げようものなら非難の嵐になりますが、嗜好品であれば「文句言うんだったら贅沢するなよ」という理屈もたちます。

 

お酒の価格を市場に任せきりにしてその結果お水の価格のようにお酒が販売されらどうなるでしょうか。

人間は元来弱い生き物なのでお酒に負けてしまう人が続出するでしょう。

 

飲みすぎれば中毒の問題や治安の悪化なども想定されます。

 

そこで「税率を上げることで消費量を調整し、もって治安の安定化を図る」

なんて偉い人に言われたら「酒税が高いのも仕方がないかなあ」と思ってしまうと思います。

CSC_0167[1]

お酒はし好品であるにもかかわらず抵抗感が少ないですし、日常生活にも溶け込んでいます。

これを税収する側が見逃すわけがないでしょう。

 

にも拘わらずそこらへんで簡単に無許可で醸造されたら税務署からすればたまったものではありません。

そのため「一年間の生産量を最低これくらいは造りなさい」というハードルを設けているのです。

 

 

生産量がはっきりすればそこから年間の売り上げが算出できます。

つまり「許可を取りたいんだったらそれなりに納税しろよ」というなんとも世知辛いシステムなのです。

詳しくは省きますがこちらはきちんと酒造免許を取得し、それを飲食店で販売するロールモデルといえるでしょう。

 

ビールの種類

CSC_0171[1]

さかづきブルーイングさんのビールは軽いものから重めのものまで常に6~7種類あります。

すべてグラスで飲めて、味わいにも変化を楽しめます。

最初の一杯はホワイトビールと言って大麦に小麦を加えて仕上げたものがおすすめです。

僕はそこからエールと言ってすこし複雑な上面発酵ビールを楽しみ、最後にスタウトといって重めの黒ビールを楽しみました。

グラスは小さいように見えますが実際には2杯も飲めば結構酔っぱらいます。

僕はお酒は好きなんですが弱いので3倍飲んだらべろべろです。

お食事はビストロのようなどれもビールに合う味付けのもの。

砂肝のソテーは香ばしく、バベットステーキはボリューム満点でスタウトによく合います。

 

CSC_0157[1]

ひとりでもOK!

 

 

 

僕は西麻布でずっと飲食店の成長を見てきました。

本当に僕の心は汚染されているなあと思うのですが、西麻布界隈の飲食店経営者は最初は謙虚に頑張るのですが売れてくると徐々に変化してきます。

売れてくると・・・

・急にスポーツカーを買ってしまう

・不相応な若い恋人を作ってしまう

・服装が派手になってくる

・ある時いきなり髪の毛が金髪になる

・ゴルフをやりだす

・パリピっぽいひととつるみだす

こういうケースをたくさん見てきました。

さかづきブルーイングさんは平日というのにこれでもかと言わんばかりの集客で、商売的には申し分ないものだと思います。

しばらくしていったらこれらの雰囲気が出ていたらものすごい落ち込むかも・・・。

 

ああ、この人たちもやっぱり同じだったんだ・・・と・・・。

 

CSC_0169[1]

もちろんこの話は冗談で、お店は「おいしいビールを飲んでもらおう」「楽しんでもらおう」という雰囲気に満たされています。

今まで見てきた飲食店の中で最強と言えると思います。

それだけ自信をもってお勧めできます。

ただし、平日でもものすごい込み具合で、この日も狭い店内は常に満席で入れずにそのまま帰るお客さんがたくさんいました。

 

採点はこちら


当ブログ運営 前場亮のご紹介


1973年7月11日生まれ
港区赤坂で行政書士事務所を共同で運営しています。


2014年まで西麻布で飲食店を経営。
ワインも得意で第3回キュヴェ ルイーズ ポメリーソムリエコンテストで全国優勝しました。

行政書士の専門分野は風営法・航空法・道路法です。
これらのすべての分野で影響力のあるサイトを運営しています。詳しくは

風営法の専門サイト

道路法(特殊車両通行許可)の専門サイト

航空法(ドローン飛行)の専門サイト

をご覧ください。

モノを所有すること、保身、名誉が嫌いです。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9-1-7
赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075 fax 03-6418-1076


お問合せ・ご相談はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

  • LINEで送る

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>