麻布十番 焼肉 おくむら|日曜日をあきらめたあなたに!

  • LINEで送る

DSC_0040[1]

僕は食べ物に関してこれといったこだわりがなくて、たとえば食材がどうとかどの分野が好きとかのものはありません。

といってもイタリアンとフレンチは自分でお店をやっていましたし、めちゃめちゃ勉強していた時期がありましたので目利きができます。

そのため外食に対する支出はどうしてもその二つに偏ってしまいますが、本音を言えばうまければどうでもよくて、あとは雰囲気の問題なのです。

DSC_0038[1]

その日僕は日曜日だったのですが、午前中に事務仕事とか自宅の掃除とかのやることをすべて終わらせてしまって、ぶらぶらと麻布十番の商店街を歩いていました。

実は近所にできたニューオープンのイタリアンがあったのでそちらにいこうと思っていたのですが、なんと衝撃の「オープン直後に閉店」に出くわしてしまい、どうしようかと思ったのです。

目的のイタリアンがなくなってしまったのですが、だからといってほかのイタリアンを探す気にもならなかったのでどうしようかと思ってなんとなく目に入ったのがこちらの焼肉 おくむらさんでした。

DSC_0041[1]

焼肉は年に3~4回食べるかどうかくらいでして、「肉を食いたいんだったらステーキ派」です。

複数人でワイワイやるんだったら焼肉がいいと思いますが、肉を薄切りにしてタレに漬け込んで客が勝手に焼いて食べるのでそりゃあうまいようになるよという思いがどこかにあって、ビジネスとしてはいいと思いますがなんか客が騙されているような気がしているのです。

 

とはいっても猛烈に焼き肉が食べたい日というのは確実に存在して、吸い込まれるようにしておくむらさんに入っていきました。

DSC_0043[1]

 

実況中継

日曜日の午後1時でもうやることがない。そうなれば「なるようになれ」が基本姿勢だ。

冷えた生ビールをぐわしぐわしと一気に飲み干し、肉を食らいコメをかき込む。いいじゃあないか。

コメは最終的に肉が終わる一歩手前で食べ終わるように計算して食べるので、最後は肉を一枚余らせ、肉だけを堪能して終わりにする。これがセオリーだ。

 

(イメージ)
米米米米|
肉肉肉肉|肉←一枚余らせる

その日僕はお腹がすいていたのでセットのカルビに追加して牛タンを注文したので、こうなるとサラダやナムルはコメと一緒に食べずにまずは最初に食べ、終わったところで肉に行くのがいい。

 

 

カルビとタンだったら当然タンのほうが僕的にはランクが上だ。

 

そのためまずはカルビを焼いてコメとともにいく。もうだれも止められない。

 

 

コメがすすむ。いいぞ。

 

 

 

次にタンを焼いていく。ここまででコメの量は3分の1になって、ある程度の計算はたつ。

 

口の中でのコメと肉の量を調節しよう。

肉の量の比率が高まる。タンの上品な脂もいい。

 

 

 

コメがなくなり、最後に一枚残ったタンを焼く。いままでの焼き方よりもかなり念入りに焼く。

 

最後の一口だから。

DSC_0042[1]

スープは最後に流し込むように飲む。のどにつかえたコメも肉もすっきりした。

 

 

 

全てを終えると何とも言えない満足感が体をつつむ。パワーがみなぎるようだ。いいぞ、俺。

 

会計はセットの焼肉と追加のタン、ビール一杯で2500円程度。いや3000円だったかも。

元気が出た。また焼肉にこよう。

 

ひょっとしたら、来週来てもいいぞ。そう思った。

 

 

よし、かえって昼寝しよう。

 

店舗名:焼肉 おくむら
ジャンル:焼肉
住所:東京都港区麻布十番1-5-29 秀和宮下町レジデンス 1F
電話番号:03-5474-8689
営業時間:
11:30~14:30(L.O14:00)
17:00~24:00
定休日:なし
*データは変更になる可能性がありますので事前にご確認ください

 

採点はこちら


当ブログ運営 前場亮のご紹介


1973年7月11日生まれ
港区赤坂で行政書士事務所を共同で運営しています。


2014年まで西麻布で飲食店を経営。
ワインも得意で第3回キュヴェ ルイーズ ポメリーソムリエコンテストで全国優勝しました。

行政書士の専門分野は風営法・航空法・道路法です。
これらのすべての分野で影響力のあるサイトを運営しています。詳しくは

風営法の専門サイト

道路法(特殊車両通行許可)の専門サイト

航空法(ドローン飛行)の専門サイト

をご覧ください。

モノを所有すること、保身、名誉が嫌いです。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9-1-7
赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075 fax 03-6418-1076


お問合せ・ご相談はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

  • LINEで送る

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>