北千住 マメココロ|イケメン店長の超絶コーヒーをあなたに!

  • LINEで送る

CSC_0221[1]

僕は毎日必ずコーヒーを飲みます。コーヒーと言ってもカフェとかのデイリー使いですが、思い返してみればコーヒーとの付き合いは21歳の時にカナダにいたときから始まったと思います。

僕がカナダにいたときはちょうどスターバックスのようなセルフサービスのカフェが流行りたてのころでした。

ただ、その頃はコーヒーの味なんてたいしてわかってもいませんでしたし、カフェの雰囲気が好きだっただけかもしれません。

その後に日本に帰国しても、フランスにいたときも意識してはいませんが常にコーヒーは身の回りにありました。

ソムリエコンクールの時にコーヒーは一度勉強したことがあったのですが「きっと一生使うことのない知識なんだろうなあ」くらいにしか考えていませんでした。

 

 

 

ところが30歳を過ぎてある程度いろいろな味わいがわかるようになったころ、青山にある大坊コーヒーというお店に出会います。

表参道の交差点を歩いていた時に鼻にはいった強烈な印象のコーヒーの香り。

豆を焙煎する香ばしくつやのある香りに僕は吸い込まれました。

のちにインターネットで検索すると大坊コーヒーは有名なお店だったらしく、とても繁盛していました。

現在は残念ながら閉店してしまいましたがあの焙煎の香りは10年以上たっても忘れていませんでした。

 

北千住 マメココロ

お店の思惑にまんまとひっかかる

CSC_0220[1]

以前ご紹介したかざまさんとおなじ商店街を歩いていた時に、鼻に入った焙煎の香り。

実は何度もこの商店街は通っていて、きっと何度も香りをかいでいたと思うのですが、止まってまで注目するほどのことはしませんでした。

きっと忙しくて余裕がなかったのかもしれませんが、この日は立ち止まって思案しました。

思案するといっても「どんなもんだ」程度ですが、それでも昔かいだ大坊コーヒーの香りを思い出し、時間があったのでお邪魔してみたのです。

お店の思惑としては焙煎の香りにひかれたお客さんを集客するという動線は当然考えていると思いますが、まんまと引っかかったわけです。

 

少量の豆もその場で焙煎

CSC_0217[1]

マメココロさんは店の前面で豆を量り売りし、その場で焙煎しています。

うれしいのが奥に喫茶スペースがあり、コーヒーをそこで楽しめるようになっているのです。

販売コーナーでは焙煎する前の青い状態で保管されています。

CSC_0215[1]

お店の人に聞いたところ、通常は輸入される段階ではすべてこの状態で輸入し、日本で焙煎して流通させるということです。

びっくりしたのですが、焙煎する時間はわずか10分程度で、あっという間に完了します。

CSC_0214[1]

お店の一角に焙煎機があって、見る見るうちに色づいてきます。

浅煎りはこの焙煎時間が短く、深煎りは焙煎時間が長いということです。

CSC_0212[1]

 

イケメン店長の渾身の一杯

Screenshot_2017-06-24-10-28-54

インターネットで「マメココロ」と検索すると補助キーワードに「イケメン」と出ます。ふふふ・・・見逃さないぞ・・・。

補助キーワードに偽りなく、端正な顔立ちのイケメン店長が丁寧に説明してくれます。

もちろんただイケメンなだけでなく、コーヒーが好きなんだという思いとサービス精神が伝わってきます。

CSC_0219[1]

 

その日は僕が朝一番のお客でタイミングがよかったからか、いろいろうかがうことができました。

 

CSC_0204[1]

–コーヒーが好きでこういうお店ができるなんて、いい人生を歩んでいらっしゃいますね

はい。僕はコーヒーが好きで、卒業してからコーヒーの仕事だけしかしていません。

たまたまオーナーとの出会いがあって、こういうお店ができています。

 

–恥ずかしながら、専門性の高いお店は港区とか中央区とかの都心部に集中するのかと思っていましたが、自宅の近くにこれほどのクオリティのお店があることに驚きました。

確かにその傾向はあると思いますが、都心だと家賃とかの維持費が高いので腰を据えてやるというわけにはいきません。

この場所であればやりたいことをとことん追求することができるので満足しています。

CSC_0210[1]

 

–北千住はみるとどこの飲食店も繁盛しているイメージですね

ありがたいことに今はたくさんのお客様に来てもらっていますが、最初のころはそんなことはありませんでした。

丁寧に接客をしてきて、自分たちのコーヒー好きがあふれて伝わってきたのかもしれません。

 

–またまたかっこいいことを!ところで、僕は今日いただいたコーヒーはブラックで飲むべきだったかもしれませんが、砂糖とクリームを入れてしまいました。すみません・・・。

いえいえ、コーヒーはし好品ですからどのような飲み方をされてもいいと思っています。極端な話、インスタントコーヒーでもそれぞれの楽しみ方があって、たまたま僕はこういうコーヒーを紹介しているのですから。

ブラックで飲んでもいいですし、お砂糖やクリームを入れて自由に楽しんでください。

 

大体このような話をさせていただきました。

CSC_0216[1]

お店全体がコーヒー好きであふれていて、それがうまく機能しています。ですが、ここまで来るのに1年かかったということです。

これが港区だったらオーナーは流行る前に我慢ができなくなって業態変更してしまうかもしれません。妙に納得しました。

さかづきブルーイングの時も思いましたが、いまは場所にかぎらずこだわったもの勝ちなのでしょう。

 

CSC_0207[1]

今回いただいたのは少し奮発して一杯410円のガヨマウンテン(インドネシア)でしたが、通常は250円のブレンドコーヒーでも十分においしいものがいただけます。

店内は味気はありませんが清潔感があってやはりコーヒーグッズがたくさん。週末はどの時間もお客さんでいっぱいです。

テイクアウトもできて、自由度が高く、これだけのクオリティのコーヒーが楽しめるのはうれしいですね。

採点はこちら

 


当ブログ運営 前場亮のご紹介


1973年7月11日生まれ
港区赤坂で行政書士事務所を共同で運営しています。


2014年まで西麻布で飲食店を経営。
ワインも得意で第3回キュヴェ ルイーズ ポメリーソムリエコンテストで全国優勝しました。

行政書士の専門分野は風営法・航空法・道路法です。
これらのすべての分野で影響力のあるサイトを運営しています。詳しくは

風営法の専門サイト

道路法(特殊車両通行許可)の専門サイト

航空法(ドローン飛行)の専門サイト

をご覧ください。

モノを所有すること、保身、名誉が嫌いです。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9-1-7
赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075 fax 03-6418-1076


お問合せ・ご相談はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

  • LINEで送る

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>