いきなりステーキ 六本木店|肉が食べたくてしょうがないときに!

  • LINEで送る

日曜日の昼下がり、明日からの1週間を考えると今日スタミナをつけておきたいところでした。

もともとあまり食欲は強くないのでたいして量は食べませんが、それでもどうしても肉が猛烈に食べたかったので2回目でしたが行ってしまいました。

14318436738504

いきなりステーキは本気でステーキが食べたい人にはお勧めです。こちらはステーキしかメニューにありません。六本木駅から徒歩1分にあるお店です。

住所 〒106-0032
港区六本木6-1-2  富士プラザビル1階
アクセス 地下鉄六本木駅3番出口より徒歩1分
TEL 03-6447-4529
営業時間 営業時間    11:00~23:00
ランチタイム  11:00~15:00 ※平日のみです
年中無休

14318436598113

 

店内は立ち食い。ステーキといえば高級品というイメージがありますが、素早くちゃちゃっと食べたい人には立ち食いのほうが都合いいです。

ゆっくりしたかったりすればファミレスやカフェのほうが断然環境がいいので、ステーキ店ではゆっくりしようとは思わないですね。

 

14318436842375

店内に入るとまずはステーキ以外のライスとかスープとかのサイドメニューを決めて、その後にステーキを決めます。

そしてステーキの肉は目の前で塊を切ってくれます。

お店の人は①肉の焼き加減はレアがお勧め②しっかり食べたい人には300g~がお勧めの二つを念押しされます。

14318437025086

僕はリブロースステーキを300グラム頼みました。実際には誤差があって320グラムになりましたがきになりません。1グラム単位で料金が決まっていて、1グラム6円~あります。

お肉は炭火で焼いています。炭のかおりはあまりしませんが、炭火で焼いた印象は十分にあります。これは価格的に仕方ないかもしれません。

14318436378132

ステーキはさすがにものすごいボリューム。塩コショーで味付けして付け合わせはコーンと玉ねぎのみという超絶シンプルなもの。

ちなみに神戸ビーフとか松坂牛とかのサーロインになると、霜降りがすさまじくて最初の一口目はおいしいのですが、とてもこんなに食べられるものではありませんし、お金をとるために無理やり牛を太らせたみたいなイメージがあります。なので僕は和牛のA4とかは成金趣味みたいで好きではありません。

ステーキだったら断然赤身のほうがお勧めです。こちらのお店は赤身のステーキです。

 

14318436116590

焼き加減はレアで、赤身を感じますが火はしっかり通っています。ソースは温かいステーキソースがマホウビンに入っています。温かい状態で食べてほしい心遣いだと思います。

14318436239871

カテラリーはいかにも肉専門店のもので、切りやすく、食べやすいです。

14318437124817

ひとついちゃもんをつけると、スープは180円だったのですが、出てきたのは固形スープをお湯でといたものに玉ねぎと人参の角切りが入っているもので、どう考えても原価は20円もしません。

ステーキ専門店だからスープなんて気にするなということでしょう。

 

それにしても満足感高い!高級なステーキハウスなみのクオリティですし、なんといっても素早く出てくるので現代人のライフサイクルにもマッチしています。

このお店は完全に企画勝ちですね。ステーキ一本というところが僕の好みです。

集客には苦労してそうなので、頑張ってほしい。猛烈に肉が食べたくなった時には皆さんも是非!

 

採点はこちら

 


当ブログ運営 前場亮のご紹介


1973年7月11日生まれ
港区赤坂で行政書士事務所を共同で運営しています。


2014年まで西麻布で飲食店を経営。
ワインも得意で第3回キュヴェ ルイーズ ポメリーソムリエコンテストで全国優勝しました。

行政書士の専門分野は風営法・航空法・道路法です。
これらのすべての分野で影響力のあるサイトを運営しています。詳しくは

風営法の専門サイト

道路法(特殊車両通行許可)の専門サイト

航空法(ドローン飛行)の専門サイト

をご覧ください。

モノを所有すること、保身、名誉が嫌いです。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9-1-7
赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075 fax 03-6418-1076


お問合せ・ご相談はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

  • LINEで送る

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>