孤独の男料理

北千住 総菜かざま|一人暮らしにもうれしいデリカ

CSC_0130[1]

僕は料理がすきで、週末は足立市場とか近所のスーパーで買い物をして酒のつまみになるようなちょっと凝った料理とかを作ります。

ですが基本は一人暮らしですし、仕事人間なので時間がない時はワーッとかけこんで食べられるようなものですますことも多いです。

美味しくて、時間をかけずに、ボリュームがあるものをたべたい。そんな時に利用させてもらっているのがこちらのかざまさんです。

 

北千住 総菜かざま

一人暮らしにも優しい総菜屋さん


かざまさんは北千住駅西口を降りて自宅に帰る商店街のど真ん中にあって、一度通るとものすごい人気なので必ず目に留まると思います。

テレビとかにも何度か取り上げられたようですが、お店の人たちはいたって普通というか、じゃんじゃん押し寄せるお客をさばくのに必死という雰囲気が伝わってきます。

CSC_0135[1]

北千住西口には何個か商店街があるのですが、ほんちょう商店街はその中にあって流行っている飲食店が集中しているので北千住のメッカといえます。

本当に恥ずかしいのですが、ずっと住宅街に住んでいなかったので北千住はもっと経済的に冷え込んでいるのかと思っていました。

ところが週末はどこもこんでいて、平日でも大変に振るわっているお店も多数ありますが、そのなかにあってかざまさんはとびぬけて流行っていてものすごい集客力です。

 

CSC_0131[1]

特に目新しいことや変わったことをやっているわけではありません。地に足の着いた商売をされていて、それがなじんでいる様子がうかがえます。

お店のファサードはご覧のようにこれでもかといわっばかりの揚げ物とか焼き鳥とかが並んでいます。

調理場は奥にあって、従業員さんは絶えず何かしら調理しているのですが、作ったさきからものすごい勢いで売れていきます。

ベルトコンベアーのように作った先からじゃんじゃん売れていく様子は見ていて圧巻です。

 

 

CSC_0132[1]
揚げ物とか焼き鳥以外もサラダとかもやしのナムルとかも扱っています。これがまたうまい。

少量でも買えますので一人暮らしにもいいですし、家族連れにも好評のようです。

ただしこんでいるときはあまりの人気ぶりにお店の人もお客さんも目が血走っているというか、カウンターの前に来たら即断即決しないといけないような雰囲気すらあります。

CSC_0134[1]

もちろんおいしいですし、種類も豊富なので見ていて楽しいのですが、価格が信じられないほど安く、商売が不安になるほどの値付けなのです。

例えばコロッケだと一個30円です。サラダとかミートボールを買っても一人暮らしの人ですと300円あれば十分な量の夕飯になります。 続きを読む

足立市場|一般客でも買い物しやすい鮮魚の穴場!

DSC_0006[1]

北千住に引っ越してそれまでとまるっきり変わったのが自炊をするようになったことです。

引っ越す前は自宅の周辺にスーパーがないというなんとも世知辛いところに住んでいたので自炊はほとんどできませんでした。

引っ越すときにこれじゃあいかんのでできればキッチンはそれなりに設備があるところにして自炊をしっかりやろうと思っていたのです。

もともと料理は好きなので自炊は全く苦ではありません。

これまでのうっぷんを晴らすかのように引っ越し後は自炊をしているので逆に飲食店に行けていないという状況です。

 

そして今日、ついに足立市場という穴場を見つけてしまいました。これがとどめだと思います。

ご近所でなくても自信をもってお勧めできます。

 

海鮮モノのラスボス 足立市場

一般客もOKの海鮮市場

a-0_01

軽く調べたのですが、東京卸売市場は都内に何か所かあって、都が全体を運営してその中に専門店がテナントとして入っているという形態のようです。

そして足立市場は都内で唯一の魚介専門の市場で、ホームページを見るとどうやらほかの市場に比べて一般客に対してオープンな雰囲気のようです。

 

 

DSC_0022[1]

市場は北千住駅から歩くと10分くらい、自宅からでも15分で到着します。

市場といえば何といっても築地が有名です。

ただし築地市場はあまりにも大きすぎてどこに行っていいかわかりませんし、働く人もせわしなくて一般客にはやや敷居が高いと思うと思います。

 

DSC_0003[1]

ところが足立市場は見ての通り人影もまばらで、そのため働いている方たちも比較的親切な気がします。

市場というと人でごった返して威勢のいい声が飛び交う姿を想像しますが、こちらは控えめな感じ。すこし心配になるくらいです。

 

DSC_0004[1]

大通りから市場に入ると右手にご飯屋さんがあります。

おいしそうではありますが、少し閑散としすぎて入るにはややハードルが高いですね・・・。

 

DSC_0005[2]

少し進むと乾物類のコーナーになります。ここで一気に不安になります。「海鮮はどこにあるんだ!」と。

市場に来て海鮮モノがないとなるとそりゃあ不安です。ところが!

 

乾物コーナーを抜けると魚介類独特の海の香りが漂ってきます。「ここだ!」そう思って先に進むと・・・
続きを読む

孤独の男料理|いいぞ!鶏肉の野菜ジュース煮込み

18歳からの一人暮らしも25年になりまして、こうなると料理も「うまくて簡単にできる」レベルまで行きます。

飲食店でも自分で料理をしていた時期がありましたので凝った料理から酒のつまみまで案外イケます。

csc_00451

最近よく作っているのが鶏肉の料理でして、40歳を過ぎて気を抜くと腹が出てしまうということに気付いて鶏肉を見直したのです。

今日は鶏肉のトマトソース煮込みを作りました。めちゃめちゃ簡単ですし、それなりにおしゃれなのでお勧めです。

csc_00481

鶏肉はスーパーとかの味付けのもので大丈夫です。

普通はもも肉は味付けしない状態で売るのですが、賞味期限が近づくとそのままでは売れなくなってしまうので味付けをして売り切るのです。

そのため夜の7時くらいに行くと3割引きくらいになって、さらに味をつけてくれるので得した気分になります。

csc_00511

刺身とか焼いただけとかの「生のまま楽しむ」系の料理は素材の味が大事なのですが、男の一人暮らしでそんな生ぬるいことが許されるほど甘い桜田門ではありません。

トマトで煮込むので素材の味もいいのですが鶏っぽければいいじゃんというノリです。
続きを読む