dsc_00401

西麻布 おとらは2016年11月13日、西麻布交差点にオープンした和食店です。

以前はテテスというカフェがあったのですが、テテスは3か月ほど前に閉店し、そのあとに入りました。

終わったから言えますが以前のカフェ テテスは本当に僕とは相性が悪く、西麻布交差点にあるにもかかわらず高い・まずい・サービス悪いのお店でした。

よく続いているなあと思っていましたが、別部門で成功している会社なので維持ができていたのだと思います。

その跡地での出店ということで、いったいどういうお店なのか?早速リポートします。

 

西麻布 おとら

西麻布交差点の検討

こちらを訪れる前に、まずは西麻布交差点をおさらいしてみましょう。

西麻布交差点は広尾駅、六本木駅からどちらも歩けば15分はかかります。にもかかわらず質の高いブティック飲食店が点在し、飲食店関係者から見ると西麻布での成功は最高のステータスです。

実際に雑誌やガイドブックでも取り上げられることは多いエリアですし、ミシュランの掲載店舗も密集しています。

さらに、西麻布交差点での出店ということになると、業界の注目度も半端ではありませんし、成功させれば大変なブランディングになります。

そのためよほどの覚悟があってこちらを開業したと思いますし、そうあってほしいと思います。

dsc_00421

現状、西麻布交差点はグローバルダイニングの権八(一丁目)、アイスクリームのホブソンズ(四丁目)、焼き肉の叙々苑游玄亭(三丁目)がそれぞれの要所をおさえています。

しかし前述のように2丁目はテテスがパッとしなかったためなんとしてもここは頑張ってほしいところです。

dsc_00281

おとらはビルの1,2階にあって、1階はカウンターを中心にしたオープンキッチンのスペースで、2階は3~10人くらいの半個室や個室をメインにしています。

西麻布エリアの飲食店は個室の需要が大変に高く、夜遊び族にとっては個室はマストなのでそれを意識したのでしょう。

dsc_00291

一人客は一階のカウンターに案内されます。今回はお店の関係者さんがいらして利用できませんでしたがオープンバルみたいなところがあって、そこはビール一杯でもいいのかもしれません。

 

メニューは和食・・・といってもうどんとおでんを中心にした居酒屋メニュー。戦略なのか刺身の盛り合わせはすべて舟に盛られます。

dsc_00241
続きを読む