神保町イタリアン アンゴロ|20年前の鉄板スタンダードイタリアン

  • LINEで送る

古めかしいという言葉がここまで似合うお店も珍しいと思います。

僕は飲食業界に18歳からいましたのでよく覚えていますが、もともと1990年くらいまでは専門西洋料理はフレンチの独壇場で、フレンチ以外は亜流というか、フレンチの二番煎じみたいなイメージが料理人の間にありました。

ところが1990年代にイタ飯ブームが巻き起こります。フレンチよりも格式ばらずにおいしい西洋料理をワイワイ食べる・・・さらに生クリームやバターなどの動物性油よりもオリーブオイルなどの植物性で健康的・・・これが大ヒットしたのでした。

14462592309580

今考えると笑い話のように聞こえると思いますが、フランス料理界は閉鎖的なイメージがあったのに対して開放的なイタリアンが大衆ウケするのは飲食業界からすると一つのショッキングな出来事だったのです。

 

1990年代のイタリアン カムバック!

↑このような見出しだと「古臭い料理」と思う人も多いと思います。

実際古臭い料理なのですが、とはいえ現在食べても十分おいしいし、食材や調理器具、ネーミングが変わっただけで現在の若手シェフでもほとんど技術は変わっていないと思います。

店内に入ると店員さんがほとんど50代くらいの方々で面食らいます。ところがその全員がまあ元気な事!

おそらく店主らしき人も本当に元気で嬉しくなります。厨房を覗いても同じくらいの年齢です。ひょっとしたら開業以来変わらないメンバーで運営しているのかもしれません。そうだとしたらすごいことですね・・・。

14462592825274

お料理はまさに90’s!定番中の定番のクリームパスタやアクアパッツアですが、どれも普通においしく、火加減も塩加減も絶妙です。

14462592721353

30代以上のデートにお勧めです。このころになると東京カレンダーに掲載されているような流行の店舗ばかりに飽きてくる頃だと思います。街になじみの寿司屋があって、そこにデートに連れていくような感じですかね・・・。

 

こんなお店を一つ知っておくと、肩ひじ張らずに落ち着いてイタリアンを楽しむ姿を相手に見せられることになりますね!

 

クチ‐ナイタアーナ アンゴロ
東京都千代田区神田神保町1-42 沖坂ビル 1F

採点はこちら。


当ブログ運営 前場亮のご紹介


1973年7月11日生まれ
港区赤坂で行政書士事務所を共同で運営しています。


2014年まで西麻布で飲食店を経営。
ワインも得意で第3回キュヴェ ルイーズ ポメリーソムリエコンテストで全国優勝しました。

行政書士の専門分野は風営法・航空法・道路法です。
これらのすべての分野で影響力のあるサイトを運営しています。詳しくは

風営法の専門サイト

道路法(特殊車両通行許可)の専門サイト

航空法(ドローン飛行)の専門サイト

をご覧ください。

モノを所有すること、保身、名誉が嫌いです。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9-1-7
赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075 fax 03-6418-1076


お問合せ・ご相談はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

  • LINEで送る

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>