イスタンブール空港でユーロは使える?Wi-Fi、治安など

DSC_0006

成田空港からニースコートダジュール空港は直行便というものがありません。

そのため例えばパリ経由とかアムステルダムとかの空港を経由していくことになります。

今回はニース空港に行く便で朝に到着する便がトルコ航空しかありませんでした。

そのため現在はトルコ イスタンブール空港にいまして、次のニース空港行きのフライトを待っている状態です。

 

トルコ イスタンブール空港

日本の空港が異常なのか?

DSC_0005

久しぶりと言っても海外生活も長かったので慣れていましたが、やはり海外の空港の雰囲気に戸惑う日本人はおおいかもしれません。

空港内は薄暗く、とても清潔とは言えません。さらに飲食店などの店員さんも基本的に愛想笑いはしません。

 

ただし空港側からすればできる限り余計な電機は使わない方針かもしれませんし、意味のない愛想笑いは不気味に感じているのかもしれません。

ここは深く考えずに成田空港が圧倒的に清潔で、かつスタッフさんの対応が親切なのだと考えるようにしました。

 

イスタンブール空港の治安

DSCPDC_0003_BURST20180103061108962_COVER

日本の観光客からすれば、前述のようにスタッフの親切さは大目に見ても日本の6がけでしょう。

そのため思い通りに意思が通じずに不安をあおることもあるでしょう。

また、成田空港よりも薄暗いので身の危険を感じる人もいるかもしれません。

ただし普通に気を付けていれば危険らしい危険は感じませんでしたし、ぶっちゃけて言えばパリ空港のほうがよほど治安は悪いです。

僕はパリで生活していたころにアルバイトでよくシャルルドゴール空港に出入りしていました。

どろぼうからすると日本人はカモらしく、数人でパスポートを見せろとかいちゃもんを付けてひるんでいるうちに財布をかっさらうのが当時の常とう手段でした。

そういう輩は見当たりませんでしたので、あまり気にしないでもいいかもしれません。

 

Wi-Fiは?

DSC_0007

日本から国際Wi-Fiの設定をしている人であればいいかもしれませんが、そうでない場合はフリーのWi-Fiはぜひとも押さえておきたいところでしょう。

今回はおなじみスターバックスに入ってWi-Fiを確かめてみました。

日本のようにツークリックでWi-Fiができるようなものではなく、ご覧の端末に航空チケットを読み込んでやっとパスをゲットします。

しかもスタバ内でも通じる場所と通じない場所の差が激しく、最初はくじけそうになりました。

DSCPDC_0003_BURST20180103044742797_COVER

ただし丹念に探せば見つかるもので、やっとつながった時は感激もひとしおです。

めちゃめちゃ遅くて、かつめちゃめちゃ途切れます。

 

ユーロは使える

DSC_0007

時間がなかったので他の飲食店は当たりませんでしたが、少なくとも空港内に数あるスターバックスはユーロは使えて、お釣りもユーロできました。

おおきなチェーン店みたいなところであればユーロは使えると思っていいでしょう。

あとでレシートをよく見たら、ショートドリップが3ユーロだったのですが、実際は2.8ユーロ?なのでしょうか?

ぼったくったのか、あるいはチップを上乗せしてお釣りを渡したのかわかりませんが、まあこの程度でしょう。

DSC_0008

よく見るとカップが二重重ねになっていますが、日本で手持ちの部分専用のカバーがありますが、それの代用なのでしょう・・・。

 

これからニース コートダジュール空港へフライトです。

 


当ブログ運営 前場亮のご紹介


1973年7月11日生まれ
港区赤坂で行政書士事務所を共同で運営しています。


2014年まで西麻布で飲食店を経営。
ワインも得意で第3回キュヴェ ルイーズ ポメリーソムリエコンテストで全国優勝しました。

行政書士の専門分野は風営法・航空法・道路法です。
これらのすべての分野で影響力のあるサイトを運営しています。詳しくは

風営法の専門サイト

道路法(特殊車両通行許可)の専門サイト

航空法(ドローン飛行)の専門サイト

をご覧ください。

モノを所有すること、保身、名誉が嫌いです。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9-1-7
赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075 fax 03-6418-1076


お問合せ・ご相談はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

  • LINEで送る

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>