尖沙咀(チムサ―チョイ)さんはもともと経営していた飲食店は西麻布1丁目にあり、その時は時間ができるとよく通っていた中国料理店です(尖沙咀は香港にある商業都市の名前。)。

DSC_0176

飲食店をやめたあと、しばらくは西麻布の自宅で行政書士事務所を運営していましたが、事務所を赤坂に移転したのでめっきり足が遠のいていました。

 

よくうかがっていたのはランチタイムでした。↓の写真は本日の焼きそばの牛肉薄切り焼きそば。

DSC_0198

全体的に薄味ですがしっかりとだしの味がするあんがとても上品に感じます。野菜も肉も絶妙な火の通りです。

やきそばのあんは、ランチタイムだととくに大量に作り置きするのが多いのですが、こちらはしっかりとオーダーが入ってから作るところにこだわりを感じます。

 

↓はスターターのコーンとカボチャのスープ

DSC_0185

とても腕のいい料理人がいるのでおいしくてリーズナブルに本格的な中国料理が楽しめるとあって12時には満席になる人気店です。

さらに夜はランチと違い、料理人の個性が光る一品料理があり、とても品質が高いです。

 

 

店主は韓国出身で、日本にはすでに25年以上住んでいるそうです。

DSC_0175
続きを読む