フランスのテロで考えたことは、世論のてのひら返しに対しては冷静にいるべきだとの再確認です。

 

つい先日までは、シリア難民の受け入れでアメリカと違い日本は受け入れをしぶっていたため「日本ももっと難民の受け入れを」という論調が多数だったと思います。

しかし、昨日のフランスのテロをうけてこれらの論調はなりを潜め、いまは「シリア難民受け入れなんてとんでもない」というのが一般的世論なのではないでしょうか。

 

もちろん中には短期間で自分の意見をコロコロ変える人もいるとは思いますが、ここまで露骨だとそう簡単に180度変更するのは心理的に抵抗があるのではないでしょうか。

つまり、世の中的に受け入れられやすい・発言しやすい理論が突出して目立っているだけで、決してそれだけが市民感情ではないということです。
続きを読む