まだ20代後半から30代にかけてのころでしたが、先輩経営者がプロ野球監督のことを例にリーダーシップを説明してくれたことがありました。

 

プロ野球は1シーズンで何十試合もあると思うのですが、そのすべてに勝利するということは不可能です。そのため局部的に見れば「この試合は負けだ」と思うこともあるのですが、「この試合は負けてもいいだろう」というスタンスは取ることはできません。

そのため頭の中では「負けだ」と思っていても、選手には「頑張ろう」という姿勢を崩さずにその試合と向き合うのだということなのです。

 
続きを読む