僕は41歳になるまで運転免許証がなく、もちろん自動車を運転したこともありませんでした。

さらに18歳から飲食業界で鬼のように働いていたので店と自宅の往復の繰り返しの毎日に免許がないことを疑問にも思わなかったのです。

 

ところがさすがに40歳を過ぎて移動手段がほとんどないことに疑問を持ったのと、やはり少し背伸びをしたくて去年の同じころ、時間ができたことをいいことに原チャリの運転免許証をとり、次の日に原チャリを買ってしまったのです。

 

僕にとって原チャリは自由の象徴で、身軽なうえに渋滞でも車の隙間をぬって走る姿に心底憧れていました。ひょっとしたら日ごろお店にずっといなくてはならない現状への反動があったのかもしれません。ちなみに去年の今頃は行政書士事務所も依頼が絶えず、本当に寝る時間が毎日3時間もないくらいに忙しかったです。

 

 

実際に乗ってみても、まあ気持ちのいいこと!これはいい買い物をしたと思っていたのです。去年の11月のブログを見ても原チャリの存在は際立っていて、よほど気に入っていたのがわかります。

 

 

14454108953322

しかし
続きを読む