2015年 10月 の投稿一覧

神保町イタリアン アンゴロ|20年前の鉄板スタンダードイタリアン

古めかしいという言葉がここまで似合うお店も珍しいと思います。

僕は飲食業界に18歳からいましたのでよく覚えていますが、もともと1990年くらいまでは専門西洋料理はフレンチの独壇場で、フレンチ以外は亜流というか、フレンチの二番煎じみたいなイメージが料理人の間にありました。

ところが1990年代にイタ飯ブームが巻き起こります。フレンチよりも格式ばらずにおいしい西洋料理をワイワイ食べる・・・さらに生クリームやバターなどの動物性油よりもオリーブオイルなどの植物性で健康的・・・これが大ヒットしたのでした。

14462592309580
続きを読む

マイ憲法

 

 

僕は21歳のころカナダのバンクーバーにいました。レストランビジネスの面白さに目覚めた僕は英語をしゃべるようになりたくなったのです。

ショボイ話なのですがカナダに行くまでの僕はダメダメで、あまり自分のことが好きではありませんでした。

カナダでは日本語がしゃべれない分、そんな自分ともずいぶん向き合い、「これからはこういう自分になろう」という指針を立てたのです。

その指針は、実はとあるモテ本(どうすればモテるかとかのハウツー本)に書いてあったのですが、単なるモテ本の域をはるかに飛び越えて、「人間こうあるべき」論を叩き込まれたような衝撃があったのを覚えています。

通常のモテ本はファッションとか髪型とかデートとかの「とりあえずこうしておけ」的な薄っぺらい内容なのに、僕が参考にしたその本は骨っぽく、内側から変えてくれるに十分な読みごたえとしっかりとしたロジックを持っていたのです。
続きを読む

六本木美容室|西麻布で美容室を探しているあなたにお勧め!

まだ20代後半から30代にかけてのころでしたが、先輩経営者がプロ野球監督のことを例にリーダーシップを説明してくれたことがありました。

 

プロ野球は1シーズンで何十試合もあると思うのですが、そのすべてに勝利するということは不可能です。そのため局部的に見れば「この試合は負けだ」と思うこともあるのですが、「この試合は負けてもいいだろう」というスタンスは取ることはできません。

そのため頭の中では「負けだ」と思っていても、選手には「頑張ろう」という姿勢を崩さずにその試合と向き合うのだということなのです。

 
続きを読む

原チャリ売っちゃったm(_ _)m

僕は41歳になるまで運転免許証がなく、もちろん自動車を運転したこともありませんでした。

さらに18歳から飲食業界で鬼のように働いていたので店と自宅の往復の繰り返しの毎日に免許がないことを疑問にも思わなかったのです。

 

ところがさすがに40歳を過ぎて移動手段がほとんどないことに疑問を持ったのと、やはり少し背伸びをしたくて去年の同じころ、時間ができたことをいいことに原チャリの運転免許証をとり、次の日に原チャリを買ってしまったのです。

 

僕にとって原チャリは自由の象徴で、身軽なうえに渋滞でも車の隙間をぬって走る姿に心底憧れていました。ひょっとしたら日ごろお店にずっといなくてはならない現状への反動があったのかもしれません。ちなみに去年の今頃は行政書士事務所も依頼が絶えず、本当に寝る時間が毎日3時間もないくらいに忙しかったです。

 

 

実際に乗ってみても、まあ気持ちのいいこと!これはいい買い物をしたと思っていたのです。去年の11月のブログを見ても原チャリの存在は際立っていて、よほど気に入っていたのがわかります。

 

 

14454108953322

しかし
続きを読む

亀田興毅選手の引退から学ぶこと

僕は個人的に嫌いではないし、むしろ好きなほうなのですが、亀田興毅選手は世間では猛烈に嫌われているようです。

好きというと言い過ぎですが、僕は男女問わずとんがった性格の人が好きで、周りが何と言おうとも自分の人生を貫く人に惹かれるところがあるのです。

 
続きを読む