2015年 9月 の投稿一覧

腹を縦に割る野望|皮下脂肪を減らすため、食事を変える

40歳を超えると、気を付けないとすぐに腹が出てきます。

僕は30代中盤までどれだけ食べても絶対におなかは出なかったので最初は受け入れることができませんでした。ですが、40歳に近くなってきて少しずつ出てきて、少しずつ増える腹の脂肪を見て見ぬふりをしてたのです。

そして現在42歳で、今年の初めにいろいろ考えることがあって絶対に腹を縦に割ろうと固く誓ったのです。

 

しかし、腹を割ろうとしても、自前だけでは無理だと思ったのでジムを探さないといけません。いろいろ調べて港区のスポーツセンターというところをみつけてまずは筋トレを始めました。

training_park_img_04

ここがまたいいところを見つけて、区民は一回500円(区民以外は800円)でジムもプールもジャグジーも入り放題で、トレーナーさんも常駐していて、でも基本的にほっといてくれるので自分のペースでできます。

もちろんわからないところはいつでも教えてくれます。

できたばかりなので設備もよく、清潔で開放感があります。

港区はこちらですが、おそらくどこの区にもあると思いますし、母親のすむ千葉県流山市にもあるらしいので、ほとんどの市区町村にあると思いますので各公共団体の施設がお勧めです。

じつは、六本木周辺にはジムはたくさんあるのですが、どこも料金が高いし、ビジネスだから仕方ないのですがトレーナーさんがずっとつきっきりなのでこちらが気を使ってしまい、このかんじだと途中で足が遠のくと思ったのです。

継続できることが大事だと思っていたので、本当に助かっています。

 

 

筋トレだけでは腹は割れない

仕事も忙しいのでジムは行けても1週間に1回程度しか行けません。それでも3か月もすると成果が表れて、まずは胸板や肩の筋肉が目に見えてついてきます。

半年もすると筋肉がついてきたのか、3kgくらい体重が増えます(61kg⇒64.5kg)。最低限気を使っているので太っているわけではないと思うのでおそらく筋肉がついてきたのだと思います。

 

ところが、胸や肩、腕は目に見えて変化がありましたが、肝心のお腹にいまいち成果があらわれません。腹筋はついてきたと思うのですが、割れるイメージには程遠いのです。

 

「これが我流の限界か?」と思っていたのですが、いろいろ調べると腹筋についてはどれだけ筋肉がついても皮下脂肪があると浮き上がってこないらしく、そこが腹を縦に割るポイントらしいということがわかりました。
続きを読む

東銀座 トゥット イル マーレ|初回のデートや少人数の女子会におすすめ!

 

イタリア料理は、自分でも経営していたので見る目が厳しく、味とかサービスとかで満足いくことが少なかったのですが、ここ最近丸くなってきたのか、こちらは手放しでお勧めできるいいお店です!

 

店名

カンティーナ シチリアーナ トゥット イル マーレ (Cantina Siciliana Tutto Il Mare)

ジャンル イタリアン、地中海料理、バル・バール
TEL・予約

050-5872-9498 (予約専用番号)

住所は東京都中央区銀座4-13-3。銀座ですが、限りなく築地寄りで東銀座の駅から徒歩3分程度。

24902534

築地警察署のアポイントまで2時間あったので探して偶然入りました。

一人だったのでカウンターで食事。店内はこれでもかと言わんばかりのシチリア押し。これも時代なのか、店員さんはイヤホンマイクでオーダーを通していました。
続きを読む

謝りたい人

缶コーヒーのBOSSのCMがいい。

 

上京してショービジネスにつこうとするミッツマングローブさんを「目を覚ましてくれ」とほおをたたく徳光和夫さん。

青春の一幕として、自分の成長や様々な利益を考えて、大事にしてくれた人を裏切らなければならないときはあると思うし、僕自身も振り返れば何度かあります。

挿入歌がまた最高で、ちあきなおみさんの”喝采”です。

 

いつものように 幕があき

恋の歌 うたう私に 届いた報せは

黒いふちどりが ありました

あれは 三年前  止めるあなた駅に残し

動きはじめた汽車に ひとり飛び乗った

ひなびた町の 昼さがり

教 会の前に たたずみ 喪服の わたしは

祈る言葉さえ 失くしてた

 

人は生きている限り、どこかで自分を演じていて、一日の始まりは、いってみればステージの幕が開くようなものなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

僕がうらぎった人と同じ数だけ、僕を裏切った(とおもっている)人もいると思う。

 

 

 
続きを読む

ビザなるほど!.com

行政書士を始めてから風営法と道路法(特殊車両通行許可)に絞ってきたのには理由があります。

この二つはマーケット的に需要が優っていて、受け皿となる本腰を入れた行政書士がすくない分野だったのです。

風営法に関しても道路法に関しても専門性が高いうえに窓口も厳しいので、やりたがらない先生が多いため、逆に参入しやすかったです。

 

これら二つ以外にも車庫証明とかパスポート申請や相続業務なども一応サイトは用意していますが、「これが自分の専門だ」というものではありません。

 

もともと行政書士業務については一年間で1個のペースで専門を増やしていこうと思ったのですが、風営法と道路法だけでも相当ヘビーでさらに依頼も多いのでできてもあと1つか2つだと思います。

 

そして、次はずっとやりたかったビザの業務に取り掛かろうと考えています。

僕は海外生活が2回あるので、現在日本にいる外国人の気持ちもある程度理解できます。今回も楽しんでやろうと思います。

ただ、ビザの業務は行政書士の中でも特に人気も高く、イメージも国際業務として高いので手掛けたいと考える先生が多いのも事実です。僕がなかなかやりたがらなかった理由も単純に競争が激しそうだという理由からでした。

 

戦略的には僕の得意なコンテンツSEOともなじむと思うので、年内はコツコツやり、来年以降に集客できるようにしたいです。

 

canvas

ビザ なるほど!.com

 

後輩の上打クンのサイト

続きを読む