腹を縦に割る野望|皮下脂肪を減らすため、食事を変える

  • LINEで送る

40歳を超えると、気を付けないとすぐに腹が出てきます。

僕は30代中盤までどれだけ食べても絶対におなかは出なかったので最初は受け入れることができませんでした。ですが、40歳に近くなってきて少しずつ出てきて、少しずつ増える腹の脂肪を見て見ぬふりをしてたのです。

そして現在42歳で、今年の初めにいろいろ考えることがあって絶対に腹を縦に割ろうと固く誓ったのです。

 

しかし、腹を割ろうとしても、自前だけでは無理だと思ったのでジムを探さないといけません。いろいろ調べて港区のスポーツセンターというところをみつけてまずは筋トレを始めました。

training_park_img_04

ここがまたいいところを見つけて、区民は一回500円(区民以外は800円)でジムもプールもジャグジーも入り放題で、トレーナーさんも常駐していて、でも基本的にほっといてくれるので自分のペースでできます。

もちろんわからないところはいつでも教えてくれます。

できたばかりなので設備もよく、清潔で開放感があります。

港区はこちらですが、おそらくどこの区にもあると思いますし、母親のすむ千葉県流山市にもあるらしいので、ほとんどの市区町村にあると思いますので各公共団体の施設がお勧めです。

じつは、六本木周辺にはジムはたくさんあるのですが、どこも料金が高いし、ビジネスだから仕方ないのですがトレーナーさんがずっとつきっきりなのでこちらが気を使ってしまい、このかんじだと途中で足が遠のくと思ったのです。

継続できることが大事だと思っていたので、本当に助かっています。

 

 

筋トレだけでは腹は割れない

仕事も忙しいのでジムは行けても1週間に1回程度しか行けません。それでも3か月もすると成果が表れて、まずは胸板や肩の筋肉が目に見えてついてきます。

半年もすると筋肉がついてきたのか、3kgくらい体重が増えます(61kg⇒64.5kg)。最低限気を使っているので太っているわけではないと思うのでおそらく筋肉がついてきたのだと思います。

 

ところが、胸や肩、腕は目に見えて変化がありましたが、肝心のお腹にいまいち成果があらわれません。腹筋はついてきたと思うのですが、割れるイメージには程遠いのです。

 

「これが我流の限界か?」と思っていたのですが、いろいろ調べると腹筋についてはどれだけ筋肉がついても皮下脂肪があると浮き上がってこないらしく、そこが腹を縦に割るポイントらしいということがわかりました。

 

次の段階は、食事制限

そんなわけで、つぎは筋トレに付け加えて食事を見直すことにしました。

 

僕はずっと飲食店をやっていたので、けっきょくお客さんが喜ぶ食事はうまくてすこししょっぱくて、そして脂っぽいものだということを知っていました。

居酒屋のメニューはたいてい塩分が強くて脂っぽいですよね?たとえばから揚げとか。これは食べるとすぐにおいしく感じて食欲をそそるし、水分がほしくなるので飲料も売れるようになるのです。

 

ずっと飲食店のまかない料理だったので、いつのまにか自分になじんでいて、それでも若いうちは新陳代謝が高いのでじゃんじゃん食べてもそのぶん消化するので太りません。しかしそれではいつまでたっても今のままなのです。

14427489857981

具体的には、

①高たんぱくで、脂質・糖質は減らす

②塩分を強くするとごはんとかがほしくなってしまうので減塩する

③食事は「すこし足りない」くらいにしておき、プロテインなどの補助食品でおぎなう

 

これに気を付けます。

上の鳥料理はきょうのメニューで、鶏肉はもも肉ではなくて胸肉をつかって、あとはジャガイモを1個ときのこのグリルをそえて、これで終わり・・・。でもおいしかったです (≧∇≦)

 

これでもダメな場合は、つぎは有酸素運動といって、ランニングとかをやることになると思うので、そうなったらまた紹介します。


当ブログ運営 前場亮のご紹介


1973年7月11日生まれ
港区赤坂で行政書士事務所を共同で運営しています。


2014年まで西麻布で飲食店を経営。
ワインも得意で第3回キュヴェ ルイーズ ポメリーソムリエコンテストで全国優勝しました。

行政書士の専門分野は風営法・航空法・道路法です。
これらのすべての分野で影響力のあるサイトを運営しています。詳しくは

風営法の専門サイト

道路法(特殊車両通行許可)の専門サイト

航空法(ドローン飛行)の専門サイト

をご覧ください。

モノを所有すること、保身、名誉が嫌いです。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9-1-7
赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075 fax 03-6418-1076


お問合せ・ご相談はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

  • LINEで送る

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>