地べた這いつくばる姿

  • LINEで送る

2016年はスマップの解散報道に続いてベッキーとか清原選手とかの有名人のスキャンダルが続いています。

個々のスキャンダルは興味はありますが対岸の火事なのは間違いありません。ですがこれらのスキャンダルから考えさせられることがありました。

 

潜在する負の感情

特にベッキーの件で現れていますが、例えばいま活躍している人でも正論を振りかざしたり道にはずれたことをしない人に対して、他人は少なからず「なんかうさんくさいなあ」とか「きれいごとを言っているんじゃないよ」という気持ちがあるのではないかと思います。

これは有名人だけではありません。あなたの身の回りにもうまくいっている人は少なからずいるはずです。

男であれば仕事がうまくいっていて金回りがよさそうだとか高い学歴を持っていたり有名企業に働いていてそれでモテていたり、女性であればきれいでかわいくてモテていて、中身がスカスカなのにぶりっこしていて中身がスカスカな男にちやほやされている場合です。

わかりやすいのはこのような人たちですが、そうでなくても人渡りがうまかったりおべっかがうまいひとなどの要領のいい人は悪く言う理由が目立たないのでやはり潜在意識でうさんくさいなあと思えると思います。

 

地べたをはいつくばるところを見たい人と見たくない人

潜在意識は表面化していないので普通にしていれば表面には出てきませんが、何かしらのきっかけで「それ見たことか」という意識が一気に噴出します。

欲深くてうまくやっていそうなひとや小手先で実力以上の評価を得ている人は、一般大衆から見れば失敗して地べたを這いつくばるところをみて陰で笑いたい対象でしょう。

「私って完璧よ」オーラを出す人ほどこの手の感情を持たれやすいと思います。

逆に自分の欠点やだらしなさを認めてそれを小出しに表現できている人はそれがいいガス抜きになってこの手の感情が抑えられるのかもしれません。

 

つまり、自慢したいんだったらそれと同じくらいに欠点さらせ、ということでしょう。


当ブログ運営 前場亮のご紹介


1973年7月11日生まれ
港区赤坂で行政書士事務所を共同で運営しています。


2014年まで西麻布で飲食店を経営。
ワインも得意で第3回キュヴェ ルイーズ ポメリーソムリエコンテストで全国優勝しました。

行政書士の専門分野は風営法・航空法・道路法です。
これらのすべての分野で影響力のあるサイトを運営しています。詳しくは

風営法の専門サイト

道路法(特殊車両通行許可)の専門サイト

航空法(ドローン飛行)の専門サイト

をご覧ください。

モノを所有すること、保身、名誉が嫌いです。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9-1-7
赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075 fax 03-6418-1076


お問合せ・ご相談はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

  • LINEで送る

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>