世論の無節操

  • LINEで送る

フランスのテロで考えたことは、世論のてのひら返しに対しては冷静にいるべきだとの再確認です。

 

つい先日までは、シリア難民の受け入れでアメリカと違い日本は受け入れをしぶっていたため「日本ももっと難民の受け入れを」という論調が多数だったと思います。

しかし、昨日のフランスのテロをうけてこれらの論調はなりを潜め、いまは「シリア難民受け入れなんてとんでもない」というのが一般的世論なのではないでしょうか。

 

もちろん中には短期間で自分の意見をコロコロ変える人もいるとは思いますが、ここまで露骨だとそう簡単に180度変更するのは心理的に抵抗があるのではないでしょうか。

つまり、世の中的に受け入れられやすい・発言しやすい理論が突出して目立っているだけで、決してそれだけが市民感情ではないということです。

 

これだけ悲惨なテロがおこっていても「それでもシリア難民を受け入れるべきだ」と考えている人も多いだろうし、仮にテロがおこらなかったとしても「シリア難民は受け入れるべきではない」と考える人も多かったのだと思います。

 

そう考えると単純に受け入れられやすい理論が世の中に出ているだけなのだとも考えられますが、僕はここまでベクトルが一方向しかない世論は本当にうんざりです。

 

もちろんテロは許せないし、痛ましいことこの上ありません。僕もパリ市民だったことがあったので友人も心配です。

 

しかし同時に冷静になって検証すると、世論の無節操な移り気がえぐりだされていることがわかります。本当に情けなく、絶対に流されてはならないことだと再認識しました。

 


当ブログ運営 前場亮のご紹介


1973年7月11日生まれ
港区赤坂で行政書士事務所を共同で運営しています。


2014年まで西麻布で飲食店を経営。
ワインも得意で第3回キュヴェ ルイーズ ポメリーソムリエコンテストで全国優勝しました。

行政書士の専門分野は風営法・航空法・道路法です。
これらのすべての分野で影響力のあるサイトを運営しています。詳しくは

風営法の専門サイト

道路法(特殊車両通行許可)の専門サイト

航空法(ドローン飛行)の専門サイト

をご覧ください。

モノを所有すること、保身、名誉が嫌いです。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9-1-7
赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075 fax 03-6418-1076


お問合せ・ご相談はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

  • LINEで送る

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>