イスラム国の正体

  • LINEで送る

peace war

 

きょうは時間ができたので、前から気になっていたイスラム国についての本を読みました。

全体像からしてわからなかったので一番簡単そうな本を選びました。それでも聞いたこともない固有名詞もじゃんじゃん出てくるので正直全部は理解できませんでした。

イスラム国はここ数年でいきなり勢力を拡大した組織です。国際的には”国”だなんて認められていませんからわざわざイスラム”国”とつけているのです。

 

 

イスラム国の正体

黒井文太郎著 イスラム国の正体

 

 

もちろん一つの本だけの知識ですからこれだけで判断するのは早すぎますが、僕はなんであそこまで残虐になりきれるのか?が不思議だったのです。

著者によると、そこには排他性が多分に影響しているということです。排他性というのはいってみれば一つの真実しかなくてそれ以外は偽物だということでしょう。彼らの信じる宗教こそが唯一の神であって、それ以外は一切認めないということなのです。

認めない、というのはそのほかの宗教をみとめないということにとどまらなくて、人間として認めないということです。だからどれだけ残虐な殺戮を繰り返しても何とも思わないし、罪の意識もそもそもないのです。

現代社会なんですから様々な考えがあって当然なのに、自分こそが唯一正しくてそれ以外はすべて間違いなんだという論調は何も宗教だけではありません。現代でいえばヘイトスピーチとか一部の政治活動も私には同じように感じますし、戦争時の日本も似たようなことをしていたと思います(そういう意味では日本は北朝鮮を手放しで笑える立場ではないと考えています)。

 

なんだかすごい時代になってきました。日本は東京オリンピックを控えているので決して他人事ではないにもかかわらず世論一般は”対岸の火事”のような気がしてなりません。

本はまだ半分ほど残っていますが、日本は”平和がある”ということが当たり前すぎて、平和を維持する努力や感謝をしないで権利ばかり主張する論調がいかに甘ったれたことなのかを感じる本でした。


当ブログ運営 前場亮のご紹介


1973年7月11日生まれ
港区赤坂で行政書士事務所を共同で運営しています。


2014年まで西麻布で飲食店を経営。
ワインも得意で第3回キュヴェ ルイーズ ポメリーソムリエコンテストで全国優勝しました。

行政書士の専門分野は風営法・航空法・道路法です。
これらのすべての分野で影響力のあるサイトを運営しています。詳しくは

風営法の専門サイト

道路法(特殊車両通行許可)の専門サイト

航空法(ドローン飛行)の専門サイト

をご覧ください。

モノを所有すること、保身、名誉が嫌いです。

行政書士 前場亮事務所
東京都港区赤坂9-1-7
赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075 fax 03-6418-1076


お問合せ・ご相談はこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

  • LINEで送る